第21回コンクール 課題曲一覧

※部門名をクリックするとPDFファイルが表示されます。

重要

  1. 一部変更となる場合や、追加規定、追加情報等が生じる場合もございますので、お申込に際しまして、必ず開催要項(6月上旬発表予定)をご覧ください。開催要項と内容が異なる場合は、開催要項が優先されます。また、課題曲選択にあたり本ページ下段の注意事項を必ずお読みください(前回から変更となった部分もございます)。
  2. ★印のついた楽曲のご購入・内容のお問い合わせについてはこちら
  3. プロフェッショナル部門、ショパニストコンチェルトB部門は、本年度は開催致しません。

第5回派遣コンクールの開催要項はこちら

ソロ部門

コンチェルト部門

ショパニスト部門(ショパン愛好家・旧アマチュア部門)

別紙

課題曲全般に関するお問い合わせ

運営事務局までお問合わせください。平日10:00~18:00
TEL: 03-6907-2474 FAX:03-6907-2565 E-mail:education@imc-music.net

★印の楽曲楽譜のご視聴・ご購入・内容のお問い合わせについて

★印のついた楽曲はアイエムシー音楽出版より出版されている下記の各曲集(市販品)に収録されております。アイエムシー音楽出版オンラインショップ、または、全国の楽器店やAmazon等インターネット通販にてお求めください。尚、各曲のピース販売はいたしておりません。予めご了承下さい。

楽譜名をクリックすると各楽譜の詳細が表示されます。視聴・楽譜サンプルの表示が可能な楽譜もございます。

品番 収録曲集名(楽譜名) ISBN JAN 税抜本体価格
IMCM-S003 はじめての
ポーランド・ピアノ曲集
978-4-905479-05-5 4560236508030 1,800円
(税込1,944円)
IMCM-S004 はじめての
ポーランド・ピアノ曲集 Vol.2
978-4-905479-06-2 4560236508054 1,800円
(税込1,944円)
IMCM-S001 ポーランド小品集 978-4-905479-00-0 4560236508009 2,800円
(税込3,024円)
IMCM-S002 ポーランド小品集
第2巻
978-4-905479-04-8 4560236508023 2,800円
(税込3,024円)
IMCM-S005 ポーランド小品集
第3巻

※2019年6月28日発売予定
978-4-905479-07-9 4560236508061 2,800円
(税込3,024円)
IMCM-S101 ピアノ・シュロス
導入編 第1巻
978-4-905479-02-4 4560236500591 3,500円
(税込3,780円)
IMCM-S102 ピアノ・シュロス
導入編 第2巻
978-4-905479-03-1 4560236500607 3,500円
(税込3,780円)
IPSA-1001 ピアノ・シュロス
 第1巻(CDなし)
4560236500362 2,500円
(税込2,700円)
IPSA-1003 ピアノ・シュロス
 第3巻(CDなし)
4560236500386 2,500円
(税込2,700円)
IPSA-1005 ピアノ・シュロス
 第5巻(CDなし)
4560236500409 2,500円
(税込2,700円)
IPSA-1006 ピアノ・シュロス
 第6巻(CDなし)
4560236500416 2,500円
(税込2,700円)
IPSA-1007 ピアノ・シュロス
 第7巻
4560236500423 5,000円
(税込5,400円)
IPSA-1009 ピアノ・シュロス
 第9巻
4560236500447 5,000円
(税込5,400円)
IPSA-1012 ピアノ・シュロス
 第12巻
4560236500478 5,000円
(税込5,400円)
IPSA-1013 ピアノ・シュロス
 第13巻
4560236500485 5,000円
(税込5,400円)
IPSA-1014 ピアノ・シュロス
 第14巻
4560236500492 5,000円
(税込5,400円)
IPSA-1015 ピアノ・シュロス
 第15巻
4560236500508 5,000円
(税込5,400円)

*上記出版譜の誤植訂正等が生じた場合はアイエムシー音楽出版WEBサイト にてお知らせします。

課題曲に関する注意事項

必ずお読みください。

全部門共通 注意事項

  1. 使用楽譜の版は問わない。ただし、ワルツOp.69-1、Op.69-2、Op.70-1、Op.70-2を選択する場合、パデレフスキ版を使用する際はBISでない方を、ヘンレ版を使用する際はFontana版を選択すること。
  2. すべて暗譜で演奏すること(ショパニストS部門を除く)。
  3. 「任意の独奏曲」で複数曲を選択する場合、上限は3曲とする。なお、課題曲コード1つで1曲とみなすので注意すること。
  4. 課題曲は必ず(A)→(B)→(C)の順番で演奏すること(該当する場合のみ)。
  5. 各グループ(A,B,C)内で、複数曲演奏する際は、演奏する順に申込書に記載すること。また、同じ作品番号内では、作品番号が若い順に演奏する(申込書に記入する)こと。
    例)可:Op.24-1,3【C041】【C043】/Op.24-1, Op.18【C041】【C084】 不可:Op.24-3,1【C043】【C041】

  6. 特別指定のある場合以外は、原則としてダ・カーポ以外の繰り返しは全て省略すること。
  7. コンクールの進行上、やむを得ず演奏をカットする場合がある(状況によっては大幅なカット、あるいは申請した曲がすべて審査されない場合がある)が、カットの有無に関わらず、課題曲は通しで演奏できるようにすること。カットが行われた場合も審査への影響はない。
  8. 小学生などでオクターブが届かない場合は、省略・分散和音にして演奏しても構わない。
  9. 各部門に規定された演奏時間との著しい過不足、カット指定の無視等、本開催要項の定めとの違反がある場合、減点・失格となる場合があるので充分に注意をすること。
  10. 一度提出した地区大会の課題曲は変更できない。全国大会・アジア大会の課題曲は、規定の締切日までは変更を受け付けるが、それ以降は一切認められない。詳しくは、開催要項(6月上旬発表予定)を参照すること。
  11. 補助ペダル・足台の用意・設置は事務局では行わないので、参加者側で行うこと。
    ※幼児部門では、ペダルの使用は認めないので注意すること。足台の使用は可。

レシェティツキ「受け答え」7小節目B♭音について(課題曲コードE302)

レシェティツキ「受け答え」Op.19-2変ニ長調(ポーランド小品集収録;課題曲コードE302)のP.35・3段目、7小節右手3拍目のB♭音につきましては、マリア・シュライバー先生が本楽曲を校訂するにあたり参照したオリジナル譜がB♭音となっており、先生のご意向にてそのままにしております。模範演奏CDも出版譜通りの演奏になっております。これまでショパンコンクールin ASIAの審査会議において本件が問題となったことはございませんので、出版譜面どおりに演奏ください。

コンチェルトAB部門にエントリーされる方へ・課題曲の譜面について

全国大会課題曲のうち「イスマギロフ:ピアノとオーケストラのための小協奏曲」(課題曲コードE418)を課題曲として選択された方は、お手数ですがエントリー完了後に事務局までご連絡ください。販売楽譜の誤植訂正が膨大な量になりますため、代替の譜面をお送りさせていただきます。(「コンチェルトAB部門イスマギロフの楽譜について」と申し付け下さい)なお、販売楽譜は2台ピアノ譜(メインピアノ+伴奏ピアノ)となっておりますが、お送りする代替譜面はメインピアノ部のみとなります。予めご了承下さい。

その他、課題曲に関しての「よくあるご質問」は、こちらをご参照ください。

「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22」について

規定時間に制約が有る場合、ポロネーズのみの演奏も可。その場合は必ず Allegro Moltoより演奏を開始すること。申し込む際も、ポロネーズのみの課題曲コード【C104】を選択すること。

コンチェルトI・AA・AB・B・C部門、ショパニストコンチェルトA部門 注意事項

全国大会のピアノ伴奏について

事務局にて手配を希望する場合は、参加申込書の「要」欄にチェックを入れること。
チェックのない場合は不要とみなす)。不要の場合は、必ず参加者側で手配すること。また要・不要の変更は、全国・アジア大会曲目変更届の締切日までとする。

全国大会・アジア大会の事前リハーサルについて

事務局手配のピアノ伴奏を依頼した全国大会参加者、およびアジア大会通過者には、事務局が指定する時間(※)・会場・内容にて事前リハーサルを実施する。

(※)開催要項(6月上旬発表予定)記載の日程となります。参加者および指導者からの日時の希望にはそえません。

カットの指定について

指示のある部門のみ、以下のカットを行うこと。また、指定された部分以外のカットは認めない。

■ ショパン:スケルツォ第1番 ロ短調 Op.20 第1括弧をカット。第125~240小節をカット
■ ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31 第133~264小節をカット
中学生・高校生部門 地区・全国大会ではカット有り、アジア大会ではカット無し(ただし第1括弧は省略すること)で演奏すること。
ショパニストA・S部門 地区・全国・アジア大会全てにおいて、カット有りで演奏すること。
ショパニストコンチェルトA部門 地区大会において、カット有りで演奏すること。

※大学生部門、ソロアーティスト部門、ショパニストB部門はカットがないので注意すること(ただし第1括弧は省略)。

■ ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11 第1楽章(伴奏のみカット) 前奏は第130小節までカット、第131小節より演奏
第333小節の第1拍だけを弾き、2拍休符、その後第376小節までカット、続いて第377小節から演奏
第486小節の第1拍だけを弾き、続けて第505小節の第2拍に続ける
第671小節の代わりに第687小節から演奏し、終わる
■ ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11 第2楽章(伴奏のみカット) 前奏は第6~10小節をカット
■ ショパン:ピアノ協奏曲 第2番 へ短調 Op.21 第1楽章(伴奏のみカット) 第58小節までカット、第59小節より演奏
第181小節の最初の音のみ弾き、その小節は休符、その後第200小節までカット、続いて第201小節から演奏
第337小節の代わりに第347小節から演奏し、終わる
プロフェッショナル部門
コンチェルトB・C部門
ショパニストコンチェルトA部門
上記の指定伴奏部分を、全国大会・アジア大会においてカットすること。
但し、Op.11第2楽章は全国大会のみカットすること。
■ グレツキ:若きショパン風ピアノ協奏曲 第1番(伴奏のみカット) 第17小節から演奏
■ グレツキ:若きショパン風ピアノ協奏曲 第2番(伴奏のみカット) 第7小節から演奏
■ グレツキ:古典風ピアノ協奏曲(伴奏のみカット) 第29小節2拍目のアウフタクトから演奏
■ グレツキ:バロック風ピアノ協奏曲(伴奏のみカット) 第6小節から演奏
■ イスマギロフ:ピアノとオーケストラのための小協奏曲(伴奏のみカット) 第15小節から演奏
コンチェルトAB部門
ショパニストコンチェルトA部門
上記の指定伴奏部分を、全国大会においてカットすること。