審査員の紹介

アンジェイ・ヤシンスキ

Andrzej Jasinski

チェンストホヴァの第二音楽学校を卒業後、国立カトヴィッツェ高等音楽院でW.マルキェヴィチに師事し、1959年優等賞を得て卒業した。1960-1961年には、パリにてマグダ・タリアフェロについて勉強する。1960年、バルセロナ:マリア・カナルス国際ピアノコンクール第1位受賞。C.ツェッチ指揮のイタリア放送交響楽団との共演によりトリノでデビューをした後に、旧ソ連、ドイツ、フランス、ウルグアイ、および日本で、数多くのコンサートを開催する。ポーランド放送交響楽団とのレコーディングも多数。1961年よりカトヴィッツェ音楽院.1973-1996年、同音楽院主任教授。1973-1981年、シュトゥットガルトにて指導。K.ツィメルマンとK.ヤブウォンスキなどの優秀なピアニストを育てている。モーツァルテウム音楽院夏期講座、イモラ音楽院ほか、講座を務める。ワルシャワ、ブリュッセル、パリ、モスクワ、および東京など多くの国際コンクールの審査員を務める。

ピオトル・パレチニ

Piotr Paleczny

最も卓越したポーランド人ピアニストであり教授の一人である。ワルシャワのショパン音楽院でヤン・エキエールに師事し、これまでに5つの国際ピアノコンクールで入賞。第8回国際ショパンコンクールでの成功によって、5大陸全てにおいてのコンサート活動をこなす。またEMI、BBCクラシック、ナクソス、ポニーキャニオン、サウンドなどを含む多くのレーベルで録音、またワルシャワフィルハーモニー管弦楽団の第100周年を祝うガラ・コンサートに招待される。1993年よりドゥシュニキ・ズドゥルイで開催される、国際ショパンピアノフェスティバル(ポーランド最古の音楽フェスティバル、おそらく世界最古の現存している国際ピアノフェスティバル)の芸術監督に選ばれている。1998年にはポーランドの大統領から教授の称号を与えられた。ワルシャワのショパン音楽院にてピアノ指導としても従事し、前回の第15回国際ショパンピアノコンクール入賞を果たした日本人ピアニストの山本貴志も教え子のひとりである。2005年にはアーティストとして権威あるゴールドメダルを授与した。

ブロニスワヴァ・カヴァラ

Bronislawa Kawalla

1943年ポーランド・クラクフの音楽家の家庭に生まれる。クラクフ国立音楽学校では、マリア・ビリンスカ=リーゲロワ女史に、ワルシャワ音楽院ではヤン・エキエル教授のもとで研鑚を積み、首席で卒業した。卒業後、パリでナディア・ブーランジェ氏に音楽理論を、モニク・ハース氏にピアノを師事した。
またモーリス・ラヴェル国際音楽院では、フィリップ・アントルモン氏について音楽を学び、同時に室内楽も学んだ。1975年にはアメリカ・ワシントンで開かれたバッハ国際コンクールで優勝する。その後、リサイタルやオーケストラのソリストとしても活躍しており、ヨーロッパ、中国、カナダ、アメリカなど世界各地で演奏会を行っている。また世界の音楽祭からも招待され、ショパン音楽祭(ポーランド)、チェルトナム音楽祭(イギリス)、ボルティモア交響楽団・夏の音楽祭(アメリカ)などにも参加している。また、本国ポーランドではラジオ、テレビそしてレコード会社(ボルスキェ・ナグラニア)と録音を行っている。
一方、演奏活動の傍ら、ワルシャワ音楽院の教授を務める。多くの弟子の中からは数々のコンクール入賞者が出ている。海外ではソフィア音楽院(ブルガリア)、ギルドホール音楽学校(イギリス)、ベルン音楽大学(スイス)、カールス・ルーフェマンハイム高等音楽学校(ドイツ)、バルセロナ音楽学校(スペイン)、ワシントン・カトリック大学、パロマール大学、ペッパーディン大学(アメリカ)でも教鞭をとっている。また多くの国内、国際コンクール審査員としても活躍し、その芸術的かつ教育的功績に対し、ポーランド国家賞を与えられた。

マリア・シュライバー

Maria Szraiber

ポーランドの街ホジェフに生まれ、ポーランド芸術アカデミーにてピアニスト兼作曲家であるボルスラフ・ヴォトヴィッチ氏に師事したのち、モスクワ音楽院でタチアナ・ニコライエヴァ女史、ルドルフ・ケレル氏に師事。

ソリストや室内楽奏者としてポーランド、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで演奏し数多くのレコーディング活動を行っている。レパートリーは、フランス中世期のバロック音楽から20世紀の現代音楽までと幅広く、特にショパンとドビュッシーは専門分野であり造詣が深い。コンサートでの演奏活動以外にも音楽解釈についての講義リサイタルなども行い、またラジオ、テレビへも数多く出演している。

演奏活動の傍ら、ワルシャワのショパン音楽院(現・ショパン音楽大学)の教授としても従事しており、1993年以降同校の主任・器楽演奏科ピアノ部門の部長も歴任。特に毎年夏に開催されるセミナーでは、彼女の講義を受けに毎年生徒達が世界中から集まってきている。またポーランドにとどまらず海外においても公開レッスン、マスタークラスなどをこなす一方、国際コンクールの審査員としても活躍をしている。

イェジ・ロマニウク

Jerzy Romaniuk

フレデリック・ショパン音楽大学 教授

ウッチ音楽高等学校にてジグムント・イェスマンに師事し、その後、1963年から1968年にかけて、フレデリック・ショパン音楽アカデミー(旧ワルシャワ音楽院)にて、ズビグニェフ・ジェヴィエツキに師事した。大学卒業直後、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とブラームスのピアノ協奏曲第1番を共演しデビューを果たす。その後、モスクワ音楽院でヤコフ・ザーク、エリソ・ヴィルサラーゼの下で研鑚を積むと同時に、旧ソビエト連邦を旅し、数多くのコンサートとリサイタルを成功させた。

ポーランドに戻ると、フレデリック・ショパン音楽アカデミーにて教鞭をとり始め、1997年以降は、ピアノマスタークラスの教授として指導にあたっている。1979年文化芸術大臣賞第2位、1986年優秀指導者賞、1988年優秀指導者賞第3位、1989年優秀指導者賞第2位と、名誉ある賞を多く受賞している。

英国、ドイツ、ベルギー、スペイン、デンマーク、イタリア、旧ユーゴスラビア、ハンガリー、チェコ、キューバ、フランス、オーストリア、アラブ首長国連邦、中国等、世界中の国々で積極的に演奏活動を行っている。またレパートリーも幅広く、バッハ、スカルラッティ、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、ブラームス、シューベルト、リスト、ラフマニノフ、ドビュッシー、ラヴェル、シマノフスキ、ガーシュイン等、数多くの作曲家を得意としている。

出版活動にも力を傾注しており、ポーランドのみならず国際的な複数のレコード会社と録音を行っている。特にショパンは数多くレコーディングしており高い評価を得ている。また、英国放送協会(BBC)、オランダのヒルフェルスム、ポーランドのラジオ局やテレビ局にも出演している。

ヴォイチェフ・シュヴィタワ

Wojciech Świtała

カトヴィツェ音楽院(シマノフスキ音楽院) 教授 及び 同校副学長
第66回ロン=ティボー国際コンクール審査員、第16回ショパン国際ピアノコンクール予選審査員

カトヴィツェ音楽院にてヨゼフ・ストンペルに師事。卒業後、カール・ハインツ・ケメリング、アンドレ・デュモルティエ、ジャン=クロード・ヴァンデン・エイデンの元で研磨を積む。

バルドリーノ国際コンクール(1位)、ロン=ティボー国際コンクール(第2位、聴衆賞、ヨーロッパ参加者最高位受賞)、モントリオール国際音楽コンクール、第12回ショパン国際ピアノコンクール(1990年ワルシャワ)ではポロネーズ賞他特別賞受賞。

演奏活動は世界中に渡り、国内外の著名なオーケストラや室内合奏団と共演を重ねる。CD録音も数多く、これまでにフレデリック・ショパン・グランプリ・ディスク大賞受賞やポーランドのグラミー賞といわれるフレデリック賞を授与される。

ベアタ・ビリンスカ

Beata Bilińska

クラクフ生まれ。ポーランドの主要なピアニストの一人。1996 年、カトヴィツェのカロル・ シマノフスキ音楽院のアンジェイ・ヤシンスキ教授のクラスを優秀な成績で卒業し、同音楽院の教員に加わる。6 年間ヤシンスキ教授のアシスタントを務めた後、准教授に就任する。 更にベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィヒ教授の下で、また、リー・カムシンやジョン・ペリーなどの著名なピアニストのマスタークラスなどで研鑽を積み、クリスティアン・ツィマーマンからは芸術的な助言を得た。

ポーランドの主要な音楽ホールでリサイタルを開きオーケストラと共演しているほか、ヨ ーロッパ各地、ロシア、アメリカ、日本で演奏活動を行っている。これまでにドゥシニキ・ ズドゥルイのショパン国際ピアノフェスティバルやパリ・ショパンフェスティバルなどポーランド国内外の名声ある音楽祭で演奏している。2003年のニューヨークのカーネギーホールデビューは、メディアに取り上げられ絶賛された。

第46回ブゾーニ国際ピアノコンクール in ボルツァーノ、イタリアにてファイナリスト(1993)、第17回リナ・サラ・ガロ国際ピアノコンクール in モンツァ、イタリアにて第 1 位および聴衆賞(2002)を受賞している。これまでにラフマニノフ、ショパン、ベートーヴェンの作品などを含む10枚のCDをリリースしている。これらの録音はルクセンブルクのピ ッツィカート・スーパーソニック賞、ベルギーの音楽雑誌クレッシェンドのジョーカー賞、マドリードのスケルツォ賞、ローマの音楽賞、そして 2008 年には名誉ある国際クラシック 音楽賞(MIDEM)を受賞している。

アンナ・ヤストシェンプスカ=クイン

Anna Jastrzebska-Quinn

フレデリック・ショパン音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)教授
同大学鍵盤学部長

ポーランド出身。ワルシャワ音楽院とジュネーヴ音楽院を優秀な成績で卒業。

ワルシャワではショパン全集のナショナル・エディションを編集したヤン・エキエル教授に、ジュネーヴではニキタ・マガロフ教授およびマルグリット・ロンとエドヴィン・フィッシャーに師事したハリー・ダティナー教授に師事し、カナダではジョルジュ・シェベック教授、アントン・クエルティ教授、メナヘム・プレスラー教授の元で研磨を積んだ。

パルマ・デ・マヨルカ・ショパン国際ピアノコンクールで優勝の他、サンタンデール、バルセロナ等数々の国際コンクールやポーランド国内のコンクールで上位入賞。ショパンの作品は、膨大な数に渡る彼女のレパートリーの中で常に重要な位置を占めている。芸術上での功績が認められ、7年に渡りワルシャワのフレデリック・ショパン協会とポーランド文化省の研究員だった。

まだ学生であった1974年にポーランド国立室内管弦楽団との演奏においてデビューして以来、ほぼ全てのヨーロッパ諸国の他、カナダ、中国、タイ、ウルグアイなどで演奏活動を行っている。また、彼女の演奏するソロ作品、室内楽作品、ピアノ協奏曲などはポーランド、ドイツ、スイス、カナダのラジオやテレビで放送される他、スペインのレーベルよりショパン、ラヴェル、シウラナ(スペインの古典派作曲家)のCDもリリースしている。

教育者としても活躍し、留学生を含めた大学院生や卒業生の中からは多くの有名コンクール受賞者や芸術関連の奨学金受給者を輩出している。また、ポーランド、ロシア、スペイン、オーストリア、イギリス、ハンガリー、アメリカ、中国、タイ、シンガポール、ウルグアイなどで、国際コンクール審査や、音楽機関でのマスタークラスやセミナーの講師として度々招聘されている。また、芸術教育センターでのコンサルタントやポーランド文部省での専門家としての役割も担っている。

シュチェパン・コンチャル

Szczepan Konczal

1985年、カトヴィツェ出身。カトヴィツェ音楽院(シマノフスキ音楽院)にてヨゼフ・ストンペル教授に師事、最優秀の成績で卒業。また、クリスチャン・ツィメルマン、ピーター・ドノホー、ダン・タイ・ソン、アンナ・マリコヴァ、ジョン・ペリー、アンジェイ・ヤシンスキ、リー・カムシン、ヴィクトル・メルジャーノフ各氏他のマスタークラスを受講。現在、母校にてヴォイチェフ・シュヴィタワ教授のアシスタントを務めている。

第15回ショパン国際ピアノコンクール(2005年)のセミファイナリスト。国際コンクールでの受賞歴も数多く、ヴィアナ・ダ・モッタ5位(2007年、リスボン)、UNISA6位(2008年、南アフリカ)、トビリシ3位(2009年、ジョージア)、Spazio Teatro優勝(2010年、ミラノ)、グリーグ2位(2008年、ノルウェー)、カンピージョス3位(2009年、スペイン)、ルチアーノ・ルチアーニ優勝(2011年、ラウリニャノ)、モーツァルト優勝(2012年、伊・フラスカーティ、イタリア)、エラ・フィリップ優勝(2011年、ルーマニア・ティミショアラ)、ケリケリ2位(2012年、ニュージーランド)、ヴェローナ2位(2012年、伊)、リッソーネ優勝(2013年、伊)、カラーリオ優勝(2014年、伊)、カール・フィルチ2位(2016年、ルーマニア・シビウ)、タリン国際ピアノコンクールファイナリスト(2006年、エストニア)ファイナリストなど。また、ポーランド国内ショパンコンクールにて3度受賞。また、幼少期よりユースコンクールでも活躍し、7つの国内外のコンクールにて優勝、また高崎芸術音楽コンクール2位受賞(2001年)。

これまでに、ノアン・ドゥシニキ・ワルシャワの各ショパン音楽祭、ワルシャワ、スウプスク、ウッチなどポーランド国内のフェスティバルや、クレサーレ、オエイラス、ロカルノ、ミラノ、イスタンブール、トビリシ他にて数多くの演奏会に出演。

また、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ポーランド国立放送交響楽団、シレジア・フィル、トルン、ベートーヴェン・アカデミー管、エストニア国立交響楽団、プレシデンシャルシンフォニーオーケストラ(トルコ)、グルベンキアン管弦楽団など国内外にて数多くのオーケストラと共演し、アントニ・ヴィト、タデウシュ・ストゥルガラ、マレク・ピヤロフスキ、イェジ・スヴォボダ、ミハウ・ クラウザ、ミハウ・ドヴォジンスキ、アンドレス・ムストネン、アルヤン・ティエン、ペーテル・チャバといった指揮者とも演奏している。

ポーランド文化庁から6度に渡り奨学金を受け、他にもポーランド首相、ポーランド子供基金、“Młoda Polska (ヤング・ポーランド)”他から奨学金を授与される。

アリチア・パレタ=ブガイ

Alicja Paleta-Bugaj

1969年、クラコフのF.ショパン州立音楽高校のRomana Witeszczakowaの元で優秀な成績でディプロマを取得する。1969年から1974年にかけてワルシャワ音楽院でヤン・エキエル教授の門下生として学士過程を学び、優秀な成績でディプロマを取得する。また、室内楽をカジミエシュ・ウィウコミルスキ教授などの下で学ぶ。大学卒業後、海外のピアノのコースを受けロシア・ピアノ学派の指導法に触れる。1992年にはコシチュシュコ財団の奨学生としてジュリアード音楽院やマンハッタン音楽院にてアメリカでの指導法について詳しく学んだ。更に、奨学金を得て南カリフォルニア大学でcounteracting faulty piano playing apparatusのメソッドに専心する。

またコンサート・ピアニストとして主にソロ・リサイタルを中心に活動しており、レパートリーは多岐にわたるが、特にフレデリック・ショパンとカロル・シマノフスキを得意とする。その他、オーケストラとの共演や室内楽の活動もしている。これまでに、ほぼヨーロッパ全域(イギリス、ドイツ、リトアニア、スウェーデン、チェコ、フランス、スペイン、イタリア)のほか、米国、アラブ首長国連邦でも演奏している。1978年から1981年にかけてはA.Cofalik、K.オコンと共にクラコフ・トリオとして活動し、海外ツアーでショパン、ブラームス、シューベルト、ベートーヴェン、ショスタコーヴィチ、ザレンプスキ、シュニトケのトリオを演奏した。

1975年よりワルシャワのフレデリック・ショパン音楽大学(FCUM)に勤めている。初めはヤン・エキエル教授のクラスのアシスタントとして、在学中1979年より助手、1984年より助教授となった。1998年には准教授に推薦され、2000年から2006年までワルシャワ、フレデリック・ショパン音楽院のピアノ科学科長、2006年から2013年までフレデリック・ショパン音楽大学のピアノ科学科長を勤める。学科長の期間中、優れた作曲家に傾倒し、レクチャーコンサートを企画、自身も出演した。その中でも特に代表的なレクチャーコンサートはW.A.モーツァルト 4手のためのソナタ、K.シマノフスキ 全ピアノ作品、B.バルトーク 作品選集、F.ショパン 全ピアノ作品実演などである。また長年にわたりポーランド(ワルシャワやGlucholazyで)で多数のピアノコースを引き受けているほか、コンクールの審査員も務める。自身最も重視している指導法は、自然な演奏法、感情移入と作曲家の作曲意図を汲み取った表現などである。その中でも特にピアニストそして教育者として伝えようと心がけていることは、常に様々な芸術的主旨を心に留めること、そして音楽を広い意味でのコミュニケーションの方法とみなすことである。カロル・シマノフスキ協会の会員(1992年から1999年までは副理事を務めた)。

アンナ・マリコヴァ

Anna Malikova

アンナ・マリコヴァは旧ソヴィエト連邦ウズベキスタンの首都タシュケントで生まれる。タシュケントの音楽学校でタマラ・ポポヴィッチに師事し、その後モスクワ中央音楽院 とチャイコフス キー音楽院でレフ・ナウモフに師事する。音楽院卒業後は直ちに演奏活動に入り、旧ソ連邦各地の主要都市で目覚しい活躍 を見せ、新進 ピアニストとして注目された。

彼女が同世代のピアニストとしては例外的に国外にまで知られるようになったのは、ソフィア国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノ・コンクール、シドニー国際ピアノ・コンクールなど、重要な国際音楽コンクールでいずれも上位入賞を果たしたことによるが、これらの国際コンクールは彼女にとって国際舞台への登竜門となり、各国主要都市でのリサイタルや著名なオーケストラとの共演など、その演奏活動はヨーロッパ全域に広がり、常に賞賛を浴びてきた。彼女の国際的評価を決定づけたのは、1993年のミュンヘン国際音楽コンクールにおける優勝であっ た。このコンクールは滅多に第1位を出さないことで有名だが、12年ぶりのピアノ部門での優勝者であったため、世界中の各メディアは彼女のこの優勝を センセーショナルに取り上げた。この栄冠 により、彼女は現代ロシアを代表する若手ピアニストとしての名声を不動のものとした。

その後、彼女は今日にいたるまでドイツ、イギリス、フランス、オランダ、イタリア、アメリカでのリサイ タルおよびバイエルン放送交響楽団、ケルン放送交響楽団、ロシア国立交響楽団、ワルシャワ国立 フィルハーモニー管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、南西ドイツ放送交響楽団、シドニー交響楽団、アカデミー室内管弦楽団等、世界各地のオーケストラのソリスト に招かれ多忙を極めている。

アンナ・マリコヴァはショパンのピアノ作品や2つのピアノ協奏曲をはじめとして、シューベルト、リスト、 ショスタコーヴィチなど数多くのCDをリリースしている。最近では、T・ザンデルリンク 指揮ケルン放送交響楽団とサン=サーンスのピアノ・コンチェルト全曲録音を完成させ、「クラシック・インターネット・ アワード」を受賞した。

2009年秋にはチャイコフスキのピアノ作品を収録したCDをリリースした。ヨーロッパ各地、韓国、日本、中国、南アフリカでのリサイタル、及びオーケストラとの共演のほか、これまでにフランスのヨーロピアン・ピアノ コンクール、スぺインのマリア・カナルス コンクールなどを含む国際コンクールの審査員を務めている。