審査員

油川 幸子

Aburakawa Sachiko

国立音楽大学卒業。ピアノを広江 啓子、ララ イサコバの各氏に師事。ピアノトリオや、声楽・バイオリン・チェロ等の伴奏で演奏会に多数出演。’93~’95年、エジプト・カイロに滞在中、大使公邸やアメリカンスクール、教会等で演奏会を行う。ピティナ指導者賞受賞。現在、全日本ピアノ指導者協会会員

安達 恭子

Adachi Kyoko

大阪音楽大学短期大学部ピアノ科卒業。元ヤマハシステム講師。現在、角野美智子ピアノ教室講師。

赤嶺 郁子

Akamine Ikuko

社団法人 全日本ピアノ指導者協会正会員。ピティナ ピアノコンペティション審査員。ピティナ ピアノステップアドバイザー。2003年よりピティナ指導者賞を連続受賞。2006年特別指導者賞受賞。現在、あかみねピアノ教室主宰。

秋葉 芳美

Akiba Yoshimi

国立音楽大学附属音楽高等学校を経て、国立音楽大学ピアノ科卒業。故・大西渥子、安部和子、今野信子、杉谷昭子の各氏に師事。これまでに、東京、愛媛県内各地にて、ジョイントリサイタル開催。ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、「まなびピア愛媛」にて地元吹奏楽団と共演。声楽、器楽等の伴奏活動も行う傍ら、後進の指導にあたっている。全日本ピアノ指導者協会、正会員。日本クラシック音楽コンクール、日本ピアノ研究会ジュニアコンクール審査員。

秋田 左得子

Akita Saeko

青森県出身、青森明の星短期大学附属音楽研究所、仙台常盤木学園音楽科を経て国立音楽大学を卒業。青森県内の中学・高校で教鞭をとるかたわら、合唱指導、伴奏者として活躍。ピアノを田家千恵子、安部和子、安藤雅子各氏に師事。現在は県内および岩手県で指導し、多くの門下生を音楽大学進学に導いている。また、各コンクールの審査員を務め、優秀指導者賞を多数受賞。青森県ピアノ音楽研究会会員。

阿古江 美樹

Akoe Miki

同志社女子大学学芸学部音楽科卒。全日本ピアノ指導者協会会員。ピティナ指導者検定全級合格。2010年より指導者賞連続受賞。2015年カワイコンクール最優秀指導者賞受賞。現在、ヤマハミュージックリテイリング講師。自宅教室にて後進の指導にあたる。

阿久津 佐智

Akutsu Sachi

桐朋女子高等学校、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。三浦みどり氏に師事。また井口基成、E.P.アクセンフェルト、J.シェベック、J.バノヴェッツ、A.イエンナー、P.ラング各氏の薫陶を受ける。各地でリサイタルや室内楽の演奏会、スウェーデン国際音楽祭、イギリスでコンサート出演。宇都宮短期大学管弦楽団と共演。PTNAより指導者賞、日本クラシック音楽協会より優秀指導者賞受賞。現在、宇都宮短期大学、同附属高等学校、桐朋学園大学附属こどものための音楽教室講師。全日本ピアノ指導者協会正会員。

雨海 由佳

Amakai Yuka

札幌出身。桐朋学園大学短期大学部芸術専攻ピアノコース卒業。ピアノを宮澤功行、菊地麗子各氏に師事する。在学中・卒業後ヨーロッパ各地にて、研修・レッスンを受ける。札幌コンセルヴァトワールにて講師を務め、指導法を学ぶ。米国カリフォルニアのDe Anza Collageポクレフスキー氏のピアノマスタークラスに3年間在籍。帰国前にリサイタルを開催する。PTNA指導者会員。ショパン指導者賞受賞。「Music Room」にて指導にあたる。

浅井 智子

Asai Tomoko

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。松浦豊明、渡辺健二各氏に師事。札幌市新人音楽会出演の後は、全道各地で独奏、室内楽、協奏曲などの活動のほか、ニュージーランド・アメリカでのリサイタル・室内楽演奏会を行う。また、ヴァイオリニスト辻久子氏の専属伴奏者として、全国各地のリサイタルに同行する。現在、札幌大谷大学・同高校・北星女子高校音楽科非常勤講師、エルム楽器特別講師、日本ショパン協会北海道支部理事、日本ピアノ教育連盟会員。2013年札幌文化奨励賞、ソロリサイタルで札幌市民芸術祭大賞、17年デュオリサイタルで同奨励賞受賞。

厚地 とみ子

Atsuji Tomiko

熊本音楽短期大学(現・平成音楽大学)ピアノ科卒業。厚地音楽教室及びトゥジュール・アンサンブル主宰。(一般社団)全日本ピアノ指導者協会正会員。当協会審査員及びステップアドバイザー。1995年よりPTNA指導者賞連続受賞。日本バッハコンクール、ブルグミュラーコンクール、九州音楽コンクール、PIARA・pia-conコンクール、さいたピアノコンクール審査員。PTNA熊本よか音(ね)ステーション代表。

江戸輪 陽子

Edowa Yoko

クレールピアノ教室主宰。門下よりショパン国際ピアノコンクール in ASIA 地区大会・全国大会において金、銀、銅賞受賞、及びアジア大会出場。日本バッハコンクール全国大会においてベスト賞、金、銀、銅賞受賞するなど後進の指導に取り組んでいる。短大音楽科ピアノ専攻卒。大澤多美子、辰巳光子各氏に師事。ピティナ指導者賞、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 幼児指導者賞受賞。全日本ピアノ指導者協会会員。日本ピアノ教育連盟会員。

深谷 直仁

Fukaya Naohito

愛知県立芸術大学卒。桜ヶ丘高等学校音楽科講師。ピアノホールF代表。ピティナ安城あさひステーション代表。ピティナピアノコンペティションにて、23年連続指導者賞を受賞し、現在も継続中。同コンペティション全国大会にて、金、銀、銅賞受賞者を輩出。ピティナピアノコンペティション全国大会審査員。スタンウェイコンクールin Japan審査員。門下生に、田村響(ロン・ティボー国際コンクール優勝)、斎藤龍(ブラームスコンクール第3位)などがいる。

五味田 恵理子

Gomita Eriko

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学院修士課程修了。ドイツ国立ミュンヘン音楽大学マイスタークラッセ修了。ドイツ国家演奏家資格取得。第58回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第2位、野島稔・よこすかピアノコンクール第3位、モーツァルト国際音楽コンクールディプロム取得。ドイツ、スペイン等国内外において、数々の演奏会に出演する。現在東京藝術大学附属音楽高等学校非常勤講師。

羽原 久美子

Habara Kumiko

東京音楽大学ピアノ科卒業。これまでに(故)川原 浩・平 奎子・杉谷 昭子各氏に師事。後進の指導に携わる一方、プリマ・ヴィスタ弦楽四重奏団との共演・プリマ・ヴィスタアンサンブルセミナー主催、イベントの企画、演奏活動をおこなっている。PTNAコンペティション・ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan・ベーテンピアノコンクール審査員。PTNAステップアドヴァイザー。特定非営利活動法人緑の街ミュージックフレンズ理事。PTNA福山シャインローズステーション代表。バスティン研究会in 福山代表。PTNA正会員。

原 宏美

Hara Hiromi

福岡女学院高等学校音楽科を経て、武蔵野音楽大学器楽学部ピアノ専攻卒業。現在、ピアノ教室を主宰。その中で、ピティナ指導者賞受賞、その他指導者賞受賞。ショパン国際ピアノコンクールinASIA全国大会及びアジア大会、ピティナコンペティション全国大会記念コンサート、また日本バッハコンクール、その他コンクールにおいて全国大会入選、入賞へと導くなど後進の指導にあたっている。

長谷川 千花

Hasegawa Chika

京都女子大学卒業。社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員。2004年よりピティナ指導者賞12回受賞。これまでにピティナピアノコンペティション、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA、日本ピアノ教育連盟ピアノオーデション等において門下生が多数全国大会に出場し、多くの入賞者を輩出している。又2018年より開催された第1回京都国際音楽コンクールでは中学生の部金賞。現在、長谷川千花ピアノ教室において後進の指導にあたっている。

長谷川 充子

Hasegawa Mitsuko

大阪音楽大学短期大学部 ピアノ科卒業。朝比奈町子 望月弘雄氏に師事。現在、みあ音楽室 主宰。幼児から大人まで幅広く指導し、ピテイナコンペテイション、ショパン国際ピアノコンク-ルinASIA、バッハコンク-ル、日本ピアノ教育連盟ピアノオ-デイション等 毎年多数コンク-ルにおいて入賞者を輩出。ピテイナ指導者賞受賞。全日本ピアノ指導者協会会員、日本音楽指導者協会会員。

音楽室HP

長谷川 由美子

Hasegawa yumiko

桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。斎木隆、故・森安芳樹各氏に師事。多岐に渡るコンサート、教材用CD録音、声楽などのリサイタルでの共演、各音楽祭の公式伴奏など数多く行っている。キングレコードより、CD「シューマン・子供の情景 ドビュッシー・子供の領分」をリリース。現在、桐朋学園大学非常勤講師、及び、同大学付属音楽教室、法政大学国際高等学校非常勤講師。

破戸 由紀美

Hato Yukimi

ドイツ国立ザールブリュッケン音楽大学大学院卒業。ワルター・ギーゼキングピアノコンクール(ドイツ)上位入賞。ドイツ各地でリサイタル開催。全日本ピアノ指導者協会正会員。ピティナピアノコンペティション審査員。日本バッハコンクール審査員。エリーゼ音楽祭審査員。財団法人ヤマハ音楽振興会西日本支部講座スタッフ。

林田 枝実

Hayashida Emi

東京芸術大学を経て、東京芸術大学大学院修了。88年、日本ピアノ教育連盟主催第4回ピアノオーディション・デュオ部門最高位入賞。渡欧し、オランダ、イギリス、ドイツ等で研鑽を積む。アムステルダム国立音楽院演奏家コース終了、オランダ国家演奏家資格取得。その後、国内外でリサイタル、ピアノ協奏曲、室内楽等幅広い演奏活動を行う。馬場那岐子、高良芳枝、安川加壽子、ヴィレム・ブロンズの各氏に師事。東海大学講師等を経て、現在、昭和音楽大学准教授。日本演奏連盟会員。日本ピアノ教育連盟会員。全日本ピアノ指導者協会正会員。

東 順子

Higashi Junko

幼少よりサンパウロで、ドビュッシーの弟子ソーザ・リマの薫陶を受ける。桐朋学園大を経てリスト音楽院ピアノ科を修了。ハンガリー政府給費留学生。第9回クラリッセ・レイテピアノコンクール第1位。審査員特別賞受賞。サンパウロフィル・ソルノク交響楽団・酒田フィル等と共演。現在「ちょうふ音楽教室」主宰。後進の指導に力を注ぎながら、ジャンルを超えたさまざまなアンサンブルのコンサートなど企画、プロデュースしている。

音楽教室

本田 真貴子

Honda Makiko

大阪音楽大学ピアノ科卒業、同専攻科修了。大阪音楽大学助手、成蹊短期大学助手歴任。1988年~ピアノ教室主宰。子どもの心理を理解した指導法で多数の門下生を各種コンクール全国大会へ輩出。ショパン国際ピアノコンクールin ASIA指導者賞、2001~17年連続ピティナ指導者賞受賞 他。コンクールに向けての公開レッスンや講座を開催。門下生はショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会金賞、全国大会金賞、ピティナピアノコンペティション全国大会 銀・銅・ベスト賞、全日本学生音楽コンクール 大阪地区本選 奨励賞受賞。ピティナ全国大会審査員、甲子園支部副支部長、こうべla STELLAステーション代表。全日本ピアノ指導者協会正会員。日本クラシック音楽コンクール審査員。 永井静子、永井譲、朝比奈町子、川上孝子、荒憲一各氏に師事。

ピアノ教室HP

本多 昌子

Honda Masako

東京芸術大学附属音楽高校を経て芸大入学、東京芸術大学大学院修了。第29回全日本学生音楽コンクール全国第一位。第52回日本音楽コンクール入選。学内にて安宅賞を受賞。DAADの給費留学生としてケルン音楽大学に入学、最優秀首席の成績で卒業。「若い芽のコンサート」N響と共演、1994年CD「現代日本のヴァイオリン音楽・抄」でピアノ共演者として文化庁芸術作品賞を受賞。これまでに昭和音楽大学、芸大附属高校非常勤講師を勤める。

細山田 亜矢子

Hosoyamada Ayako

広島音楽高等学校、ドイツ国立ケルン音楽大学卒業。在学中よりヨーロッパ、日本で演奏活動を行う。1992年メンデルスゾーンコンクール入賞。帰国後、カザルスホールにて、東京デビューリサイタルを行う。国内外のオーケストラとの共演の他、各地で幅広く演奏活動を行っている。2003年よりPTNA指導者賞を連続受賞。2010年周南文化協会より、文化振興賞を受賞。各コンクール審査員。山口短期大学非常勤講師、元広島音楽高等学校講師。(社)全日本ピアノ指導者協会正会員。PTNA周南ミューズステーション代表。(財)日本ピアノ教育連盟山陽支部幹事。モンテカント音楽院主宰。

伊井 光子

Ii Mitsuko

愛知県立明和高等学校音楽科、埼玉大学教育学部音楽専攻卒業。同大学大学院修了。ピティナ・ピアノコンペティション・デュオ部門上級全国大会入選。現在、後進の指導に力を注ぎ、門下生の多くがコンクールの全国大会で入賞している。また、ピアノデュオの指導にも力を入れている。指導者賞多数受賞。ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会他いくつかのコンクールの審査員を務めている。全日本ピアノ指導者協会正会員、名古屋東ステーション代表。修文大学短期大学部非常勤講師。

ピアノスクールHP

飯田 文美

Iida Ayami

三重県津市出身。愛知県立明和高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業。ロータリー財団国際親善奨学生としてポーランド国立ワルシャワショパン音楽院(現・ショパン音楽大学)研究科修了。ソロリサイタル、協奏曲ソリスト、伴奏などの演奏活動、コンクール審査、また後進の指導にも力を入れている。ラッコニジ国際コンクール第4位。全日本ピアノ指導者協会正会員、相愛学園中学校実技講座担当講師。

ピアノルームHP

池田 寿美子

Ikeda Sumiko

桐朋学園大学ピアノ科卒業。妹、永井礼子と各地でデュオリサイタルを開催。ピティナ・ピアノコンペティション、Miyoshi Net、クラシック、ヤマハヤングピアニスト等のコンクールの審査員を務める。ピティナ指導者賞15回、特別指導者賞2回、クラシックコンクール指導者賞2回、ショパン国際ピアノコンクール指導者賞2回受賞。現在兵庫県立西宮高校音楽科非常勤講師、神戸女学院大学音楽科登録制講師。

ピアノ教室HP

今村 桂子

Imamura Keiko

桐朋学園大学を経て英国王立音楽大学を卒業。フランス音楽国際ピアノコンクール(パリ)に入賞、及びフォーレ特別賞を受賞。パリにてヴラド・ペルルミュテール氏に師事。ソロリサイタルの他、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団等と共演。NHK-FM「名曲リサイタル」に出演。マイスター・ミュージックよりCDをリリース。2020年ショパン国際ピアノコンクール in ASIA指導者賞受賞。全日本ピアノ指導者協会正会員。桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」仙川教室実技科所属講師。

ピアノ教室HP

稲垣 千賀子

Inagaki Chikako

全日本ピアノ指導者協会評議会、宝塚支部支部長。ピティナピアノコンペティション全国大会決勝審査員。各種のコンクール審査、公開レッスンやアドバイスレッスンなどで活躍。ピティナアドバイザー選考委員。

井上 祐子

Inoue Yuko

東京藝術大学附属音楽高校を経て同大学卒業。東海大学大学院音響芸術修士課程修了。愛媛大学、聖カタリナ女子短期大学非常勤講師を歴任。東京と松山にてソロリサイタル、ピアノデュオリサイタル他、シュトゥットガルト室内管弦楽団、クラクフ室内管弦楽団と共演。ピティナコンペティションに於いて指導者賞22回、及びトヨタ指導者賞、特別指導者賞受賞、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA指導者賞受賞、その他多数受賞。県外でのアドバイスレッスン、及び各種コンクールの審査を行っている。

石毛 智実

Ishige Satomi

国立音楽大学附属音楽高等学校、同大学を経て同大学院音楽研究科器楽専攻ピアノ修了。伴奏・ピアノデュオを中心に演奏活動を続ける。(株)ヤマハミュージックリテイリング千葉ピアノ科講師、及び市原市に於いてピアノ教室を主宰。続けていく事で上達に繋げる公開形式のグレード審査会「Proceed Piano Grade」の代表を務める。

プロシード ピアノ グレイド(PPG)HP

一色 真由美

Isshiki Mayumi

四国大学 音楽科卒業。佐川久美、川内由子の各氏に師事。ピティナをはじめ、各コンクールにおいて、優秀な生徒を輩出。ピティナ指導者賞受賞。他、各コンクールにて、優秀指導者賞受賞。現在、ピアノ教室を主宰し、後進の指導にあたる。全日本指導者協会(PTNA)会員。「ぴゅあ みゅーじっく」講師。

伊藤 亜希子

Ito Akiko

東京藝術大学附属音楽高等学校、同大学卒業。同大学院修士課程修了。フランス・リヨン国立高等音楽院第3課程修了。第1回国際ピアノデュオコンクール第2位。第6回日本室内楽コンクール第1位、東京都知事賞。函館音楽協会奨励賞及び協会賞、函館市文化団体協議会青麒章。ピアノ教室ドルチェ主宰。函館短期大学非常勤講師。函館音楽協会副会長。音楽で復興を支援する函館演奏家の会“ソリダリテ”代表。

オフィシャルブログ

岩佐 生恵

Iwasa Ikue

神戸女学院大学音楽部 作曲専攻卒業。全日本ピアノ指導者協会正会員、評議員。ピティナ今治支部長 今治市文化協会会員。ピティナピアノコンペティション全国大会他各種コンクールに於いて審査員、アドバイザーを務める。1996年よりピティナピアノコンペティション指導者賞毎年連続受賞。グループ恵光を主宰。後進の指導に力を注ぎ各種コンクールにおいて多数の入賞者を輩出する。

出水 惠美子

Izumi Emiko

鹿児島短期大学音楽科卒。鹿児島県公立中学校音楽教員を経てピアノ教室主宰。社団法人全日本ピアノ指導者協会 正会員。ピティナ指導者賞受賞。ピティナ姶良カノンステーション代表。鹿児島バスティン 研究会 副代表。

泉 ひろ子

Izumi Hiroko

武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。全日本ピアノ指導者協会正会員、課題曲選定委員。ピティナピアノコンペティション全国大会他、各種コンクールに於いて審査員、アドバイザー、レッスン等全国的に展開している。門下生たちは、国際コンクール入賞等、数多くの優秀な生徒たちを育てている。

泉 ゆりの

Izumi Yurino

ピティナ・ピアノコンペティション、全日本学生音楽コンクール、エトリンゲン青少年国際ピアノコンクール、Jr.ジーナ・バックアゥワー国際コンクール、高松国際ピアノコンクール等で数多く入賞。第19回ポルト市国際コンクール優勝、ならびに最優秀現代曲演奏賞を受賞。世界各地で公演・音楽祭に出演。パリ・エコールノルマル音楽院に留学。CD「泉ゆりの×シューベルト」をリリース。洗足学園音楽大学、昭和音楽大学講師。

片山 生子

Katayama Ikuko

大分県立芸術短期大学音楽科卒。ピアノを八江澄江、ソルフェージュを中島和宣に師事。1982年、熊本アカデミー専門学校・学園 ピアノ講師として1年間勤務。1983年から1985年まで3年間、熊本県立学校を教諭として勤務。1998年、日露交流コンサートに同行。1999年、長崎県立高等学校に非常勤講師として1年間勤務。2006年、長崎にたちばな音楽教室を設立。多くの子供たちの指導にあたっている。全日本ピアノ指導者協会正会員。

ヴィヴァーチェ ミュージックHP

片山 早苗

Katayama Sanae

東京芸術大学卒業のピアニスト。東京都出身。全身全霊をかけて魂で音楽に没入する、貴重な本格派ピアニストとして、その演奏は音楽の友、ムジカ ノーヴァ各誌上で高く評価されている。リリースされたCDはレコード芸術、ステレオサウンド他各誌で特選盤に推薦され「詩的雰囲気を鍵盤にみなぎらせることができる恵まれた天性」など絶賛を受けている。現在東京音楽大学非常勤講師。

加藤 智子

Kato Tomoko

桐朋学園大学ピアノ科卒業。東京ゾリステン、上野の森交響楽団、ルーマニア国立トゥルグムレシュ・オーケストラなど日本・欧州の数々のオーケストラ、ソリストと共演。桐朋学園「子供のための音楽教室」市川分室講師。

勝又 美佐

Katsumata Misa

洗足学園短期大学ピアノ科卒業。岸邊眞知子、渡辺みはる、希代智子、北川正、デュエットゥの各氏に師事。合唱、器楽の伴奏活動をしながら後進の指導にあたる。ヨーロッパ国際ピアノコンクール優秀指導者賞受賞。日本ピアノ教育連盟会員、全日本ピアノ指導者協会会員。

川合 見幸

Kawai Miyuki

全日本ピアノ指導者協会正会員。PTNAピアノ・コンペティション審査員。PTNA ピアノ・ステップアドバイザー。第8回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA指導者賞受賞。PTNA2003より指導者賞受賞。PTNA2004特別指導者賞受賞。KAWAI2007より最優秀指導者賞受賞。2001より他の指導者の方々とともに子供のピアノ演奏向上のため「SILK ROAD PIANO TEAM」主催。

菊地 美涼

Kikuchi Misuzu

ヤマハマスタークラスにて学び、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学にて、A.ウェーバー氏のもと研鑽を積む。同大学大学院ソリスト課程を最優秀の成績で卒業。エトリンゲン国際青少年ピアノコンクールA 部門 第1位、ヨーロッパショパンピアノコンクール 最年少5 位など、幼少の頃より数多くのコンクールで優秀な成績を収める。帰国後は、演奏活動や後進の育成に尽力している。尚美学園大学非常勤講師。

オフィシャルサイト

切詰 哲嗣

Kirizume Tetsushi

高知県出身。国立音楽大学卒業。住友弘一、村山順吉、ウラディミール・竹之内の各氏に師事。高知出身のソプラニスタ岡本知高氏とはラジオ番組での共演をはじめ、地元でのコンサートも開催。また、ポーランド屈指のカルテットであるプリマ・ヴィスタとの共演等、県内を中心に演奏活動を展開している。現在、高知県立高知丸の内高等学校音楽科ピアノ科主任。高知県ピアノ指導者協会副理事長。

岸邉 眞知子

Kishibe Machiko

桐朋学園大学ピアノ科卒業。田村宏、堀江孝子、井口基成、小島準子、北川正の諸氏に師事。1985年より度々渡欧、研鑚を積む。ヴラド・ペルルミュテール、マリア・クルチオの諸氏に師事。1986年よりピアノ指導法の公開講座、公開レッスン等を各地で行なう。その他オーケストラと協演、デュオリサイタル、室内楽、伴奏、NHK-FM夕べのリサイタル等数多く出演。又、菊地麗子氏とピアノデュオリサイタルやポーランドクラクフ室内管弦楽団と共演し、CDもリリースした。毎年数々のコンクールの審査員を務めている。元東京音楽大学客員講師。(公財)日本ピアノ教育連盟評議員.中央運営委員.関東甲信越支部副支部長。

喜多村 知里

Kitamura Chisato

国立音楽大学音楽教育学部卒業。ピアノを面谷真理子、伯田昭子、声楽を光長真理恵、伯田好史、長島剛子、民謡及び三味線を(故)錦織博、吉田縫子の諸氏に師事。カワイ音楽教室に勤務し、出産を機に退職。現在はピアノ講師、ヴォイストレーナーとして後進の指導にあたる他に、地元アマチュアバンド「veryease」のキーボード及びコーラス担当として各地イベントでのライブ、管楽器奏者とのジョイントライブ等他方面で活動を行っている。

木米 真理恵

Kiyone Marie

ポーランド国立ショパン音楽大学、同大学院を首席卒業。イモラ国際ピアノアカデミー(伊)卒業。これまでに播本枝未子、岡田敦子、ピオトル・パレチニ、ピエロ・ラッタリーノの各氏に師事。2010年ショパン国際ピアノコンクール出場。国内外のコンクールにて多数優勝、入賞。著名なオーケストラとの共演や各国でのリサイタル等、幅広く演奏活動を行う。2017年度より昭和音楽大学非常勤講師を務めるなど、後進の指導にも力を注いでいる。

小早川 朗子

Kobayakawa Tokiko

東京藝術大学大学院修士課程首席修了。博士後期課程にて博士号(音楽)取得。在学中にショパン音楽大学に留学。アントニン留学生のためのショパンピアノトーナメントでグランプリ、パリ国際マギンコンクール一位。ワジェンキ公園などポーランド各地で演奏。これまでに高良 芳枝、角野 裕、クラウス・シルデ、多 美智子、ブロニスワヴァ・カヴァラの各氏に師事。ポーランド声楽曲選集(ハンナ社)編者。桜美林大学芸術文化学群准教授。

小林 一惠

Kobayashi Kazue

3歳より桐朋学園子供のための音楽教室入室。ピアノを村田槙子氏、高良芳枝氏に師事し、ソルフェージュと和声を柴田龍一氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業。1993年から1997年までフランスに留学し、パリ一区サン・ロック教会等で演奏活動を行う。主にジェルメーヌ・ムニエ氏に師事し、研鑽を積む。帰国後、音楽教室を主宰し子供たちの教育に情熱を燃やしている。

小出 香弥

Koide Kaya

武蔵野音楽大学在学中に故宮沢明子氏のアシスタントとしてNHK教育テレビ「ピアノのおけいこ」に出演。卒業後ベルギーのアレクス・ド・ヴリース財団の奨学生としてベルギー王立モンス音楽院に留学し主席で卒業。帰国後故中村紘子氏に師事。2017年3月まで新潟大学教育学部非常勤講師。18年パシフィコ横浜で演奏。現在新潟県音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクールの審査員を務めながら教育演奏活動を行う。ピアノ教育連盟会員。

小池 由美

Koike Yumi

国立音楽大学卒業。YUMI MUSIC STUDIO主宰。ピティナステップアドバイザー&ピアノコンペティション、日本クラッシック音楽コンクールほか審査員。各地で幅広い演奏活動を行っている。日本クラシック音楽コンクール優秀指導者賞、ピティナ指導者賞15回、4枚のCDアルバムリリース。自作曲など3冊の楽譜を出版。

オフィシャルブログ

江夏 範明

Koka Noriaki

武蔵野音楽大学、英国王立音楽大学卒業。白木宏子、伊東京子、ニール・イメルマンの各氏に師事。PTNAピアノコンペティション, ショパンコンクールin ASIA、日本クラシックコンクール他、現在多くの審査員をつとめている。2006年には米国のThe World Piano Competitionにおいて、全カテゴリー審査員。PTNA指導者育成委員、ピティナ指導者賞を連続24回受賞。さがみ大和ステーション代表。昭和音楽大学・短大・大学院講師。

河本 理沙

Komoto Risa

特待生奨学金を受け東京音楽大学付属高校、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。ボストンロンジー音楽院修士課程に奨学金を得て入学。 その後渡仏しパリ国立地方音楽院最高課程を審査員満場一致の首席で卒業。エコールノルマルでも研鑚を積み帰国。ジャンフランセ国際コンクール入賞。メリニャックピアノコンクール・シャトゥーピアノコンクール第1位。セート国際ピアノコンクール入賞他。これまでに弘中孝、トンイル・ハン、オリヴィエ・ギャルドン、ブルーノ・リグットの各氏に師事。現在神戸女子短期大学非常勤講師

今野 尚美

Konno Naomi

英国王立音楽院卒業、同大学院をディプロマ得て修了。ソロ、室内楽、協奏曲など国内外で演奏活動を行う。現在、一般財団法人地域創造「公共ホール音楽活性化支援事業」登録アーティスト。全日本ピアノ指導者協会正会員。名古屋芸術大学准教授。

小杉 裕一

Kosugi Yuichi

愛知県立芸術大学、同大学大学院修士課程をともに首席で卒業。桑原賞(県知事)受賞。その後ハンガリー国立リスト音楽院に留学し、リスト、バルトークの世界的権威であるナードル・ジョルジュ教授のもとで研鑽を積む。国内外のコンクールに入賞し、ヨーロッパ、国内各地にて活発な演奏活動を行う。現在、沖縄県立芸術大学教授、大阪音楽大学非常勤講師。全日本ピアノ指導者協会、日本ピアノ教育連盟各会員。

久保田 正子

Kubota Masako

福岡女子短期大学、同専攻科卒業。末永博子、植木留美子、淀川典子各氏に師事。専攻科在学中、第31回西日本新人演奏会に出演、演奏活動を始める。2011年ピアノデュオにて長江杯国際音楽コンクールアンサンブル部門1位、2005年ピティナ指導者賞、2013年ベーテン音楽コンクール指導者賞受賞。現在、自宅教室にてピアノ指導の他、ソロ、伴奏にて活動中。

窪田 直美

Kubota Naomi

武蔵野音楽大学卒業。全日本指導者協会正会員。ショパンコンクールin ASIA.指導者賞、ピティナコンペティション.特別指導者賞、日本クラシックコンクール.優秀指導者賞を受賞。コンクール課題曲選定委員や教育委員会の子育て支援委員を務め、講演活動も行う。

熊本 美由紀

Kumamoto Miyuki

福岡女子短期大学音楽科卒業。日本ゼネラル・エレクトリック(GE)にて実務経験後、アプレシオ・アラ・ムジカ音楽スタジオを開設し、後進の育成に務める。ピアノ教育関連の企画も豊富にあり、なかでも音楽教室として初めて参加した『アクロス福岡特別例会「世界一周 音楽の旅」』は好評を博す。全日本ピアノ指導者協会・正会員。2009年より指導者賞を連続受賞。ピティナ・ハピネスKitaQステーション代表。北九州バスティン研究会代表。

熊本 陵平

Kumamoto Ryohei

アメリカインディアナ大学にて作曲とピアノを学ぶ。作曲を吉田峰明、ユージン・オブライエン、ピアノをミシェル・ブロック、エドワード・アウアーの各氏に師事。IMTNA音楽コンクール作曲・ピアノ両部門第一位。パドロニーニ・オーディション、グランプリ受賞。現在、山口大学、福岡女学院高等学校にて講師を務める他、コンクールの審査員を多数務めるなど、教育活動にも取り組んでいる。

楠原 祥子

Kusuhara Shoko

桐朋高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。ワルシャワショパン音楽大学研究課程修了。ベラ・シキピアノ国際コンクール第1位。日本ショパン協会例会、ヤマハ主催銀座ヤマハホール、東京、千葉など各地でリサイタル。ヨーロッパでは、ポーランドブスコショパン国際音楽祭、ワルシャワ、バンベルク、シドニー他11都市でリサイタル。ピティナ正会員表参道ステーション代表、JPTA中央運営委員、桐朋学園大学音楽部非常勤講師。

オフィシャルサイト

町永 知子

Machinaga Tomoko

愛知県出身。1995年武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ科卒業。多田恭子、徳川愛子、前原信子、深谷直仁、各氏に師事。現在、板橋区にて『町永音楽教室』を主宰。2009年~ピティナ指導者賞連続受賞。全日本ピアノ指導者協会 正会員。ピティナコンペティション2013年特別指導者賞受賞。

前田 あんぬ

Maeda Annu

東京芸大附属高、東京芸大、同大学院修了。遠藤道子、井口秋子、田村宏、V.ペルルミュテールの各氏に師事。芸高オケ、芸大オケと協演。ワルシャワフィル室内オケ、ウィーン室内オケ、タッキーノ、ペーター・ダムとの協演など多彩な演奏活動を行う。インスブルック音楽祭出演。ヨーロッパ各地でリサイタル。間宮芳生氏「三つのプレリュード」初演。邦人初ラヴェルのピアノ作品全曲演奏会を行う。世界初完全全集としてラヴェルのピアノ独奏曲全集のCDをリリース。

前川 晶

Maekawa Aki

名古屋市立菊里高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。ドレスデン国立音楽大学ディプロム課程を経て、同大学国家演奏家資格課程を修了。2011、2015、2018にソロリサイタルを開催。これまでに服部浩美、藤井博子、播本枝未子、渡辺健二、Gunther  Angerの各氏に師事。名古屋芸術大学芸術学部芸術学科音楽領域非常勤講師を歴任、現在名古屋音楽学校講師。日本ピアノ教育連盟、日本ショパン協会各会員。

丸山 淑子

Maruyama Toshiko

武蔵野音楽大学、同専攻科修了。文化放送音楽賞受賞。ハノーファー国立音楽大学ソリストクラスにてハンス・ライグラフ教授のもとで研鑚を積む。DAAD修了奨学金を受け「演奏家国家試験」最優秀合格。ジュネーブ国際コンクール銀メダル第3位、西ドイツ・ホッホシューレコンクール第1位受賞。国内外にて演奏活動。ピアノ・デュオにおいてCDをリリース。音楽之友社コンサートベストテンに毎回選出される。

間世田 美穂

Maseda Miho

音楽教室講師、小中学校音楽講師の経験を経て、宮崎県都城市でピアノ教室を主宰。多くの子供達の指導にあたっている。これまでに10回のジョイントコンサートを行う。社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員。ピティナピアノコンペティション指導者賞10回受賞。ピティナ都城ステーション代表。

松原 寄美子

Matsubara Kimiko

洗足学園大学短期大学 ピアノ科卒業 石川治子氏に師事。ヤマハピアノ科認定講師。全日本ピアノ指導者協会正会員。全日本ピアノ指導者会、毎日こどもコンクール審査員。

松田 映子

Matsuda Eiko

石川県金沢市出身。金沢大学教育学部音楽学科卒。卒業後、地元にて公立中学校教諭として勤め、のちに上京し、ピアノ講師となる。PTNA指導者賞を、2003年より毎年連続受賞。音楽を一生楽しめ、生きる力を育むピアノ教室を目指し、現在は、音楽脳育協会にて、マタニティー期からの音楽教育にも力を注ぎ、後進の指導も行っている。全日本ピアノ指導者協会正会員。ヨーロッパ国際コンクール全国大会審査員。ピティナにて、全国決勝大会審査員、ステップアドバイザー、コンペティション課題曲委員。むさしの絆ステーション代表。

松岡 英子

Matsuoka Eiko

桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。安川加寿子、金澤希伊子の両氏に師事。ギリシャ・テッサロニキ3年 ロンドン4年 ヒューストン2年在住。ピアノデュオを義母松岡貞子、淳子上野ギャレット、中川素直、徳永まさみの各氏と演奏。桐朋学園大学音楽学部附属音楽教室 ピアノ科非常勤講師。

道下 京子

Michishita Kyoko

桐朋学園大学音楽学部作曲理論学科(音楽学専攻)卒業。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程(日本アジア研究専攻)修了。月刊誌「音楽の友」「ムジカノーヴァ」「ショパン」への定期的な寄稿をはじめ、CD ライナー、コンサートの プログラムなどでエッセイや曲目解説なども執筆。講演や大学などで講義も行なう。共著は、大学院在学中に出版された「ドイツ音楽の一断面 ―― プフィッツナーとジャズの時代」(芸術現代社)など多数。

宮本 久美子

Miyamoto Kumiko

浜松学芸高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科卒業。ウィーン国立音楽大学コンサートピアノ科卒業。荘良江、中山靖子、下村和子、園田高弘、アレクサンダー・イエンナーの各氏に師事。国内外においてウィーンフィル・ワルシャワフィルのメンバーとの共演など多くのコンサートに出演。現在、数々のコンクールの審査員を務め、浜松学芸高等学校芸術科にて後進の指導にも尽力。日本演奏連盟会員。全日本ピアノ指導者協会正会員、PTNA浜松ハーモニーステーション代表。

三好 のびこ

Miyoshi Nobiko

国立音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。1997年よりPTNAピアノコンペティション審査員。カワイ音研会会員。アールンピアノコンクール審査員。日本クラシックコンクール審査員。指導者賞。1990年より連続29回PTNAピアノコンペティション指導者賞受賞。1996年優秀指導者賞受賞。2003年~2019年カワイ最優秀指導者賞受賞。2009年PTNA特別指導者賞受賞。各年、ショパンコンクール in ASIA指導者賞、日本クラシック音楽コンクール優秀指導者賞受賞。

水野 香

Mizuno Kaori

愛知教育大学音楽科卒業。同大学院芸術教育専修修了。2014年ショパン国際ピアノコンクールin ASIAより指導者賞、2006年全日本ピアノ指導者協会特別指導者賞受賞。同協会指導者賞を11年連続、日本クラッシック音楽協会優秀指導者賞受賞。現在、金城学院大学非常勤講師。名古屋市においてミロディアムーシカ代表を務め「はじめてのお子さまから国際音楽コンクール入賞者まで」幅広く指導する。

ミロディア ムーシカHP

持田 正樹

Mochida Masaki

武蔵野音楽大学卒業後、ハンガリー政府給費留学生としてハンガリー国立リスト音楽院に留学。カーネギーホールをはじめ内外にてコンサートを行う。NHKBS・FMに出演。著書「バルトークの部屋」「グレチャニノフピアノ作品集」など16冊出版。CDは「リストプレイヤー1」「メフィストワルツ」レコード芸術準特選盤。ピアノセミナーを白馬、マレーシア、タイにて開催。イモラ国際ピアノオーディション指導者賞。財団法人ヤマハ音楽振興会本部指導スタッフ。

ゲンソウジン ピアノデュオHP

望月 玲子

Mochizuki Reiko

昭和音楽短期大学部器楽科(ピアノ専攻)卒業。「望月音楽教室」主宰。下は1才から上は85才までの幅広い年齢層の音楽学習者とのつながりを持ち、地元の音楽講師15名と共に、音楽を手段とする生涯学習の場を地元へ広める活動に力を注ぐ。2017年PTNAコンペティションでは全国大会にて金賞銀賞銅賞を受賞自らも特別指導者賞受賞。全日本ピアノ指導者協会正会員。ショパン国際ピアノコンクールin ASIAではアジア大会金賞、銅賞などを受賞、自らも指導者賞を受賞。

森 珠美

Mori Tamami

武蔵野音楽大学卒業。ヤマハ音楽教室システム講師。幼児から上級者まで幅広く指導にあたり、各種コンクール入賞等、優秀な生徒を育てている。又、研修スタッフとして永年にわたり、後進の指導にもあたる。全日本ピアノ指導者協会会員。

森山 恵子

Moriyama Keiko

那覇市出身。国立音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。糸数ひとみ、中村ミキ子、渡辺健二、ジョルジュ・ナードル各氏に師事。後進の指導の傍ら二台ピアノを中心とした演奏活動を続ける。PTNAピアノコンペティション全国決勝大会を始め、ヤマハヤングピアニストコンサート等、審査員を務める。現在、沖縄県立開邦高校芸術科非常勤講師、k’s lesson studio主宰、ピティナピアノステップ 那覇パレットステーション代表。全日本ピアノ指導者協会 正会員。

向井 小百合

Mukai Sayuri

東京学芸大学D類ピアノ専攻卒業。イョルク・デームス、パウル・バドゥラ=スコダにピアノを、インゴマー=ライナーにハンマークラヴィアを師事。ドイツ、オーストリア、チェコ、ポーランドなどヨーロッパでの演奏活動も多く特にウィーン古典派の演奏と解釈は高く評価されている。またワルシャワフィルハーモニーホール、WTM などにおける演奏会は長きにわたり好評を博してシリーズ化されており、ワルシャワ市民に広く愛されるピアニストである。An die Musik 主宰。

村原 仁美

Murahara Hitomi

桐朋学園大学音楽学部演奏学科(ピアノ専攻)卒業。英国王立音楽大学卒業。同大学大学院修了。’95年第78回日演連推薦新人演奏会(福岡)に出演、九州交響楽団と共演。’02年第23回ブラント国際ピアノコンクール(英国)第3位。’07年第69回鹿児島交響楽団定期演奏会にソリストとして共演。’08年第34回鹿児島市春の新人賞受賞。’18年第21回かぎん文化財団賞受賞。鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科,鹿児島女子短期大学児童教育学科,鹿児島県立松陽高等学校音楽科の各非常勤講師。(公社)日本演奏連盟会員。(公財)日本ピアノ教育連盟会員。

永井 礼子

Nagai Reiko

桐朋学園大学ピアノ科卒業。桐朋学園大学卒業演奏会、兵庫県新人演奏会に出演。ウィーン国立音大セミナーにてE.ムラチェック教授に師事。「今後の活躍が楽しみなピアニスト」に出演。新日本フィルハーモニー、大阪センチュリー交響楽団、東京シティーフィルハーモニー、東京アマデウス管弦楽団と競演する。神戸市主催による「風見鶏コンサート」、アメリカンセンター主催によるデュオコンサートなど、姉妹によるコンサートを、大阪、神戸、札幌などで行う。これまでに、故井口基成、北村陽子、三善晃の各氏に師事。全日本ピアノ指導者協会指導者賞、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA指導者賞を受賞。

ピアノ教室HP

長尾 絵里奈

Nagao Erina

愛知県立芸術大学、音楽学部、作曲専攻卒業。これまでに、作曲を小林聡、ピアノを金井裕の各氏に師事。現在、兼重直文氏に師事。演奏法、指導法を享受している。音楽教室講師。ピティナピアノコンペティション新人指導者賞受賞。ピティナピアノコンペティション指導者賞受賞。グレンツェンピアノコンクール指導者賞受賞。伊賀影絵フェスティバルにて、作曲・演奏を担当。TVゲーム(PS2)ポイズンピンクにて、編曲・演奏を担当。CM起用される。三重県立上野高校、校歌を編曲、CD販売される。ベーテン音楽コンクール全国大会入選。愛知ピアノコンクールピアノ2台部門銀賞。全日本ピアノ指導者協会正会員。

ピアノスクールHP

長坂 由起

Nagasaka Yuki

PTNA正会員。ミュージックスタジオアダージョ代表。ピティナ・ピアノコンペティションにて多数の受賞者を輩出し、社団法人、全日本ピアノ指導者協会より指導者賞を14年連続で受賞。近年6年連続全国大会進出者を輩出。第15回ショパン国際コンクール in ASIA指導者賞受賞。ブルグミューラーコンクールレッスン賞受賞。教室での指導に加え、全国でピアノ指導者へのアドバイザーやピティナピアノコンペティション審査員、ステップアドバイザー、ショパン国際コンクール in ASIA審査員、中日グレードテスト審査員等、各コンクール審査員としても幅広く活躍。金城学院大学の研修指定教室。ブルグミューラーコンクール名古屋栄地区実行委員。

長崎 正子

Nagasaki Masako

武蔵野音楽大学 器楽学科 ピアノ専攻 卒業。全日本ピアノ指導者協会 正会員。新横浜ステーション代表。ピティナコンペティション審査員。ピティナ指導者賞受賞。 ショパン国際ピアノコンクールin ASIA指導者賞受賞。横浜市にて長崎音楽教室主宰。コーチングを取り入れたピアノレッスンを展開し成果をあげている。

音楽教室HP

長澤 末子

Nagasawa Sueko

武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。ピアノを大澤多美子、羽田野英子の各氏に師事。2003年よりピティナ指導者賞を連続15回受賞。2013年ピティナ特別指導者賞を受賞。ピティナコンペティション審査員、ステップアドバイザーを務める。全日本ピアノ指導者協会正会員。

中川 朋子

Nakagawa Tomoko

桐朋学園大学在学中に渡欧。ハンス・ライグラフ氏に師事し、モーツァルテウム音楽院を首席で卒業。更にベルリン芸術大学を卒業後、モーツァルテウム音楽院修士課程を修了。第19回イタリア・セニガリア国際ピアノコンクール1位。第6回イタリア・ヴィラールペローザ国際室内楽コンクール1位。CD「ロメオとジュリエット」ピアノ版をリリース。現在、桐朋学園大学非常勤講師、名古屋音楽大学教授。

中井 美幸

Nakai Miyuki

神戸大学発達科学部人間行動表現学科音楽表現論コース卒業。これまでショパン国際ピアノコンクール in ASIA指導者賞、日本クラシック音楽コンクール優秀指導者賞、ピティナピアノコンペティション指導者賞を受賞。一般財団法人ヤマハ音楽振興会ヤマハ音楽教室システム講師として、幼児から上級者・指導者まで様々なコースを担当・音楽教育普及に携わり、幅広く後進の指導にあたる。

中島 美保

Nakashima Miho

福岡女子短期大学音楽専攻科卒業。ピティナピアノコンペティション特級デュオ部門、全国大会にて最優秀賞。アメリカソルトレイクにて、ジーナ・バックアウア国際ピアノフェスティバルに参加出演。オーストリア千年祭 シェーンブルン宮殿コンサート出演。2台ピアノデュオリサイタル開催。ポーランドクラクフ室内管弦楽団と共演。各所属団体で役員をし、コンサート企画、出演をしながら後進の指導にあたっている。近畿大学九州短期大学専任講師、全日本ピアノ指導者協会正会員。

根津 栄子

Nezu Eiko

武蔵野音楽大学卒業。これまでピティナ特別指導者賞、優秀指導者賞、ショパン国際コンクール in ASIA指導者賞、カワイ音楽コンクール最優秀指導者賞を受賞。全国各地での指導法講座や、公開レッスン、執筆でも活躍中。小さなピアニストのための必須アイテム、フィットペダル&ボード考案。著書こどものスケール・アルペジオ(音楽之友社)、チェルニー30番~小さな30の物語(東音企画)他。一般社団法人PTNA正会員、指導者育成委員、市川フレンド・ステーション代表、ちば・市川バスティン研究会代表。

二本柳 奈津子

Nihonyanagi Natsuko

京都女子大学教育学科音楽教育学専攻卒業。PTNAピアノコンペティション等で指導者賞、トヨタ指導者賞、特別指導者賞を受賞。バスティンメソードなどピアノ指導法セミナー講師。現在、バスティン研究会代表、PTNA北大阪ステーション代表、PTNAピアノコンペティション、ショパンコンクールインアジアなど多数の全国大会審査員を務める。著書に新しい読譜トレーニング「ラインとハンドサイン」(東音出版)がある。

ピアノ教室HP

新野 ダリア

Nino Daria

兵庫県立西宮高校音楽科ピアノ専攻、神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。梶本幸、石井なをみ、前中明子各氏に師事。ピティナピアノ指導者賞、日本クラシック音楽協会優秀指導者賞受賞。全日本ピアノ指導者協会正会員。ピティナピアノコンペティション審査員、ピティナピアノステップアドバイザーを務める。ピティナさくら夙川ステーション、三宮バスティン研究会代表。現在、Dariaピアノ教室主宰。神戸女学院めぐみ会音楽教室講師を務める。

西川 秀人

Nishikawa Hideto

1976年東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。国立ローマ・サンタチェチーリア音楽院卒業。第7回セニガリア国際ピアノコンクールで第1位入賞。その後ローマを始めイタリア各地でリサイタルを開催。帰国後もリサイタルをはじめ多方面で演奏活動を行う。より2014年まで東京藝術大学にて、又1993年より2019年まで愛知県立芸術大学にて後進の指導にあたる。現在、東京音楽大学講師。

西野 真琴

Nishino Makoto

島根大学教育学部特音課程ピアノ科卒。全日本ピアノ指導者協会正会員。日本ピアノ教育連盟会員。日本ユング心理学会(JAJP)正会員。

野畑 さおり

Nobata Saori

東京音楽大学ピアノ演奏家コース、ドレスデン国立音楽大学大学院首席卒業。ドイツ国家演奏家試験に合格。「ヴィオッティ・ヴァルセジア・ピアノ国際コンクール」最優秀セミファイナリスト賞。「カントゥー・ピアノとオーケストラの為の国際コンクール」ディプロマ受賞。ドイツ・ピルナオーケストラ、豊橋交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団と共演。現在、桜丘高等学校音楽科ピアノ科主任、豊橋SAKURAステーション(PTNA)代表。

小川 尚子

Ogawa Hisako

東京藝大ピアノ専攻卒業。野呂愛子、G・ヒンターホーファーの各氏に師事。リサイタル他、各種室内楽演奏会を数多く開催。名古屋フィル、新日本フィル、東京都響とピアノ協奏曲を協演。武蔵野音大、愛知県立芸大、常葉短大の講師を歴任。静岡県学生音コンピアノ部門審査委員長を永年務め、現在同コンクール運営委員。ルードウィッヒ音楽院副院長。日本演奏家連盟、日本ピアノ教育連盟会員。静岡県演奏家協会名誉会員。

小黒 亜紀

Oguro Aki

東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。第16回日本演奏家コンクール第1位、毎日新聞社賞。第9回ショパン国際ピアノコンクールinASIA一般部門アジア大会銅賞。第40回新潟県音楽コンクール大賞。ヤマハピアノ演奏グレード2級取得。新潟交響楽団、新潟室内合奏団との共演やリサイタル、コンサートでのゲスト演奏など活動の場を広げている。現在、新潟県立新潟中央高等学校音楽科非常勤講師。りゅーとぴあアウトリーチ事業第2期登録アーティスト。 音楽教室主宰。

大林 裕子

Ohbayashi Hiroko

愛知学芸大学卒。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員、名古屋支部顧問。ピティナ名古屋中ステーション代表。ピティナ・ピアノコンペティションの審査をはじめ、各種コンクールの審査員、ピティナ・ピアノステップのアドバイザーを務める。ベーテンピアノコンクール最優秀指導者賞、ピティナ・ピアノコンペティション指導者賞連続28回受賞。第20回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA指導者賞受賞。

大友 聖子

Ohtomo Seiko

東京藝術大学卒業。在学中に第57回日本音楽コンクールピアノ部門第1位入賞。1992年文化庁芸術家在外研修員としてハンブルク国立音楽大学に留学。クララ・ハスキル、ヴィオッティ(ヴェルチェッリ)などの国際コンクールで上位入賞。ドイツ国家演奏家試験に最優秀の成績で合格し、同大大学院修了。これまでに高良芳枝、安川加寿子、E・コロリオフの各氏に師事。現在、昭和音楽大学、同附属ピアノアートアカデミー講師。

及川 尚子

Oikawa Naoko

加藤清江、真下良子の両氏に師事。桐朋学園短期大学部を卒業後、1977年よりウィーンに留学。ウィーン国立音楽大学にて古典舞曲をカンピアヌ教授に学ぶ。エドアルド・ムラツェック、ディアンコ・イリエフ教授に師事。1983年帰国後、多くのリサイタルを開催。及川ピアノ音楽院設立のほか、一般公募によるコンサート「プレリュード」の運営等、幅広い教育活動を行っている。

岡田 裕子

Okada Hiroko

神戸女学院大学音楽学部卒業。全日本ピアノ指導者協会正会員、神戸西南ステーション代表。ピティナピアノコンペティション全国決勝大会審査員他。門下生は、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会金賞、ピティナピアノコンペティション全国大会金賞、兵庫県学生ピアノコンクール最優秀賞等、各種コンクールで入賞者多数輩出。

岡村 重信

Okamura Shigenobu

桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、南カリフォルニア大学大学院修士課程修了。演奏活動とともにピアノ指導法講座で指導者を育成している。1996年ロンドン大学キングスカレッジ研究員、2002年、2007年アメリカ・クラーク大学で交換教員としてマスタークラス、リサイタル等。現在、鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科教授。鹿児島修学館高等学校・中学校芸術コース非常勤講師。

岡野 直美

Okano Naomi

エリザベト音楽大学器楽学科ピアノコース卒業後、グリフィス大学クイーンズランド音楽院にてディプロマコース修了、同大学院にて修士課程修了。りずみっく教室主宰。全日本ピアノ指導者協会正会員。PTNA 広島トーンパレードステーション代表。ベーテン音楽コンクール、PTNAコンペティション、ショパン国際ピアノコンクールin Asiaにて指導者賞受賞。PTNA ピアノステップ、コンペティション、日本バッハコンクール等で審査員を務める。

りずみっく教室HP

大森 晶子

Omori Akiko

桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。第25回全日本学生音楽コンクール高校の部東日本第2位、第46回日本音楽コンクール第3位入賞。ポーランド政府給費でワルシャワ音楽院(現在のショパン音楽アカデミー)研究科修了。ショパン生誕200年記念コンサートで収録したCDは、Stereo Sound「デジタル時代の名録音20選」に選ばれ高い評価を得ている。幅広い演奏活動、親しみやすいコンサートや若手演奏家の為のコンサートなども企画。

恩田 知子

Onda Tomoko

武蔵野音楽大学 卒業。これまでに大田区小学校特別支援員として勤務、障害を抱える児童への理解を深め、大田区「しょうがいしゃの日の集い」に参加。『ピアノを通じて人間力を高める』をモットーに積極的に活動の場を広げている。スター楽器主催のコンクールにおいて毎年参加 生徒の多くを入賞に導き、最優秀生徒の指導者に送られる特別指導者賞を連続受賞している。導入期から上級までバランス良く育て上げる指導の評価は高い。現在、自宅教室にてピアノ指導の他、日本こども教育センター認定講師として活動している。

オサム ショパンスキ オガタ

Osamu Chopinski Ogata

母校:大阪芸術大学演奏学科講師を経て「音楽と自己啓発(潜在能力開発)」をテーマに、年間200回に及ぶ公演・講座・コンサート・セミナー等を精力的に展開し『あなたの潜在力を楽しく引き出す:オサム・ショパンスキ・オガタ』として定評がある。「楽<RAKU>ステージ/OSグループ」、「ショパンの会<Chopin Association>」代表。「デュオ:シズエ&オサム・ショパンスキ・オガタ」、「ファミリーピアノアンサンブル“OZ=オズ”」主宰。
ホームページ
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/chopin-kiku/

Facebookページ

大山 優子

Oyama Yuko

福岡県遠賀郡在住。九州女子短期大学音楽科ピアノ専攻卒業。ピアノを堀川和子、故北川正、声楽を小園邦子各氏に師事。元一般法人ヤマハ音楽振興会システム講師。九州・山口ジュニアピアノコンクール、北九州クラシックコンクール等などの審査員を務める。現在、九州・山口音楽協会理事。演奏家を目指す学生や演奏家のコンサートを催している音風の会を主宰。

小澤 亜弓

Ozawa Ayumi

洗足学園音楽大学卒業。在学中に、同大学の定期演奏会、演奏旅行に出演。現在はさくらミュージック(株)音楽教室にて、後進の育成に力を注いでいる。ピティナステップ弘前音楽の森ステーション代表。

斉藤 香苗

Saito Kanae

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業、東京音楽大学研究科修了。ソロリサイタル、ピアノデュオコンサート他、各種コンサートに出演。各ピアノコンクール審査員、公開レッスン、公開講座も数多く努める。全日本ピアノ指導者協会正会員、日本ピアノ教育連盟北海道支部運営委員、日本バッハコンクール札幌地区代表。現在、札幌大谷中学校・高等学校特任講師、札幌大谷大学講師。

齊藤 桂子

Saito Keiko

昭和音楽短期大学卒業。ピアノを吉本美南子氏に師事。在学中より後進の指導に携わり、今日迄に多数のコンクール入賞者を輩出する。全日本ピアノ指導者協会ピアノコンペティションにおいて1988年より連続「指導者賞」を受賞。翌年より同コンペティションの審査員となる。2013年には「特別指導者賞」を受賞する。他に、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA、日本クラシックコンクール、“万里の長城杯”国際音楽コンクール、北関東ピアノコンクール、カワイ音楽コンクールにおいても「最優秀」「優秀」「指導者賞」等を受賞。各種コンクール審査員を務める。現在TONE音楽教室主宰。全日本ピアノ指導者協会正会員。

酒井 郁江

Sakai Ikue

国立音楽大学卒業。卒業後はジョイント、アンサンブルコンサート等各地で演奏。アルルの会を主宰し、全日本学生音楽コンクールをはじめ、各種ピアノコンクール全国大会入賞者等、数多くの優秀な音楽家や音楽講師を育てている。また門下生の東京芸大や桐朋学園大学生によるコンサート等企画・運営を行う。(社)全日本ピアノ指導者協会正会員、各種コンクールの審査員やアドバイザーを務める。PTNA特別指導者賞連続受賞。

酒井 由美子

Sakai Yumiko

桐朋学園大学短期大学部芸術科音楽専攻ピアノコース卒業。ピアノを木村真由美、宮澤功行、菊地麗子の各氏に師事。ピティナ・ピアノコンペティション特別指導者賞、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 指導者賞、毎日こどもピアノコンクール優秀指導者賞を受賞。ピティナ・ピアノコンペティション、毎日こどもピアノコンクールなどの審査員を務める。酒井音楽教室主宰。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員。

坂本 諭加子

Sakamoto Yukako

国際親善協会主催の演奏会(於:ハンガリー)にてピアノ協奏曲を演奏。ポーランド国立クラクフ管弦楽団、プリマ・ヴィスタ四重奏団等と共演。KingInternationalから共演盤CD「Philosophy」が発売。海外アーティストのアルバムにピアニスト・アレンジで多数参加し、エルトン・ジョンのドラマー/チャック・サボや、エリック・クラプトンのストリングスを担当/マリア・グレゴリャフ等、世界のトップアーティストと共演。さかもと音楽院主宰。A&Mグループ㈱代表取締役。

音楽院HP

笹山 美由紀

Sasayama Miyuki

大阪教育大学特設音楽課程ピアノ専攻卒業。全日本ピアノ指導者協会正会員。横浜アンサンブルアソシエステーション代表。ピティナ・ピアノコンペティション課題曲選定委員および審査員、ステップアドヴァイザーを務める。中学・高校教員(音楽)を経て、「笹山美由紀ピアノ&リトミック教室」を主宰し、0歳児より音楽を通じて、あらゆる感性を育んでいく育児法を導入し、後進の指導を行っている。

佐藤 明子

Sato Akiko

国立音楽大学卒業。ウィーン国立音楽大学卒業。東京、大阪、奈良、オーストリア各地で、リサイタル。ピアノデュオ、ピアノトリオのリサイタルも度々開催。日本フィル、大阪フィル、東京ゾリステン、新ヴィヴァルディ合奏団、関西フィル、モーツァルト室内、他のオーケストラとの協演も数多く重ねる。室内楽では海外からのアーティスト、ウィーンウィンドアンサンブルと、またコチアン、モイゼス、ヤナーチェク、ドビュッシー、ウィハン各弦楽四重奏団他と共演を重ねる。各地でソロ、室内楽、レクチャーコンサート等で活動を続ける。現在、同志社女子大学、奈良県立高円高校音楽科講師。日本演奏連盟、日本ピアノ教育連盟会員。

沢田 菊江

Sawada Kikue

エリザベト音楽大学器楽科ピアノコース卒。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会評議員、指導者育成委員、ピティナ広島中央支部支部長、ピティナ広島メイプルステーション代表。2004年よりピティナ指導者賞13年連続受賞。2009年よりカワイ最優秀指導者賞9年連続受賞。ピティナ・ピアノコンペティション審査員、ピティナ・ピアノステップアドバイザー。

ピアノ教室HP

千田 和美

Senda Kazumi

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。米国インディアナ大学音楽学部大学院パフォーマーディプロマコース修了。ソロリサイタル開催。読売交響楽団コンサートマスターとの室内楽演奏会や、ポーランド国立放送交響楽団のメンバーと室内楽で共演。関西フィルハーモニー、ポーランドクラクフ室内楽交響楽団と、コンチェルトで共演。その他、全国で伴奏や室内楽、ソロでも活躍している。現在、相愛大学音楽学部、同志社女子大学学芸学部非常勤講師。桐朋学園音楽教室講師。全日本ピアノ指導者協会正会員。日本クラシック音楽コンクール、YPCピアノオーディション、ジュニアクラシックコンクールの審査員。

芹澤 文美

Serizawa Ayami

東京藝術大学、及び同大学院修士課程を修了。ウィーン国立音楽大学を卒業。 ABC朝日放送オーディション合格、新人コンサート出演。同声会主催、東京藝術大学卒業演奏会出演。マリアカナルス国際音楽コンクールピアノ部門デイプロマ取得。ソロリサイタルを精力的に行う他、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ワルシャワフィルハーモニー管弦楽団、マルティヌー弦楽四重奏団等と共演し好評を博す。現在、大阪音楽大学特任准教授。同志社女子大学、神戸山手女子高等学校音楽科各講師。

重松 万里子

Shigematsu Mariko

武蔵野音楽大学を経て同大学院修了。その後スイスに留学。ジュネーヴ音楽院にてピアノと室内楽を専攻。帰国後は、後進の指導の傍らソロ、室内楽、器楽・声楽・演劇伴奏等 幅広い演奏活動を続ける。夫、重松聡とのピアノ・デュオでは、NHK・FM名曲リサイタル等に出演。コンクールの審査や、海外からの音楽家によるレッスン・講座の通訳(英語・仏語)、音楽誌の原稿執筆も数多く手がけている。武蔵野音楽大学附属江古田音楽教室講師。

嶋名 真理

Shimana Mari

相愛大学音楽学部卒業。矢田瑛子、羽田久美子、山田つづみ、横川美智子、久保田清司の各氏に師事。全日本ピアノ指導者協会正会員。PTNAいがcrescendoステーション代表。PTNA指導者賞連続受賞、日本クラシック音楽コンクール指導者賞、毎日こどもピアノコンクール最優秀指導者賞他多数の指導者賞を受賞。PTNAピアノコンペティション審査員、ステップアドバイザー、各種コンクール審査員。大阪教育大学非常勤講師。

ピアノスクールHP

清水 皇樹

Shimizu Koki

愛知県立明和高等学校音楽科を経て、東京藝術大学卒業。1990年~6年間、パリ・エコールノルマル音楽院、及びモスクワ音楽院に留学。パリでは、ジェルメーヌ・ムニエ、ジャン=マルク・ルイサダ氏に師事。モスクワでは、伝説的な名教師として知られるレフ・ナウモフ氏に師事。またアシスタントであったアンドレイ・ディエフ、アンナ・マリコヴァの両氏にも師事し、ネイガウス流派の奏法、伝統を学ぶ。第1回ソフィア国際音楽コンクール(ブルガリア)にて第1位グランプリ受賞。エピナール国際ピアノコンクール アルベール・ルーセル特別賞受賞。NHK教育テレビ「ショパンを弾く」に出演。ピティナ・ピアノコンペティション等コンクール審査を多数務める。

添田 みつえ

Soeda Mitsue

国立音楽大学卒業。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)評議員。同協会コンペティション審査員(全国決勝大会含む)。指導者賞を連続29回受賞。多くの生徒を全国大会入賞へと導く。国立音楽大学にてピアノ科学生にピアノ指導法の講座を行うなど全国各地で独自の指導法セミナーや特別レッスンを行い好評を得る。日本バッハコンクール及びブルグミュラーコンクール全国大会審査員。著書に「あっという間に全調が弾ける本1、2」(カワイ出版刊)

住田 智子

Sumita Satoko

相愛大学音楽学部卒業。ピアノを(故)高田史子、神谷重美、南部明子、澤村千栄子の各氏に師事。元島根県立江津高等学校音楽科非常勤講師。日本ピアノ教育連盟山陰支部運営委員。全日本ピアノ指導者協会正会員。PTNA指導者賞30回受賞、特別指導者賞2回受賞。PTNAピアノコンペティション全国決勝大会をはじめ、日本バッハコンクール、JPTAピアノオーディション、ヤマハジュニアピアノコンクール等の審査員及びPTNAステップアドバイザーを務める。

須崎 朝子

Suzaki Asako

広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了、博士(教育学)。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)指導者賞を10回受賞。ピティナ・ピアノコンペティション審査員、ピティナ・ピアノステップアドバイザー、日本クラシック音楽コンクール審査員、大阪国際音楽コンクール審査員を務める。広島都市学園大学准教授。広島大学客員准教授。

田島 睦子

Tajima Mutsuko

国立音楽大学、同大学院を首席で修了。クロイツァー賞受賞。NTT DoCoMo賞。海外研修奨学生としてザルツブルグ モーツァルテウム音楽院へ。PTNAピアノコンペティション特級部門入選。新人登竜門にて優秀者となる。大町陽一郎、北原幸男、小泉和裕、井上道義氏指揮によるオーケストラアンサンブル金沢と共演。2012年OEK定期公演にてミンコフスキ氏と共演。同年岩城宏之賞受賞。ソロや室内楽等幅広く活動を行う。

高橋 光恵

Takahashi Mitsue

大阪音楽大学卒業。宝塚ミュージックリサーチピアノ科主任講師。市立総合文化センター常設講座講師。全日本ピアノ指導者協会会員。ピティナピアノコンペティション、その他のコンクールでも全国大会に生徒を輩出し指導者賞を連続受賞。門下生を教育大学音楽学部、音楽大学などに数多く送り出し後進の指導にあたっている。

髙田 康子

Takata Yasuko

桐朋女子高等学校音楽科・桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。内海久恵・阿久津佐智・三浦みどり各氏に師事。現在、演奏活動の傍ら後進の指導にあたる。2009年ピティナ ピアノコンペティション特別指導者賞、2010年・2011年、同指導者賞受賞。門下生から全日本学生音楽コンクール・ピティナ・ショパン国際ピアノコンクール イン アジア等で全国1位をはじめ、上位受賞者を輩出している。桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室講師。ピティナ正会員。

音楽教室HP

竹内 京子

Takeuchi Kyoko

東京芸術大学附属音楽高等学校、同大学音楽学部卒業後、同大学院音楽研究科を修了。ウィーンのベーゼンドルファーザール、ケルンのWDR放送局において、ヴァイオリニストの夫 竹内民男氏とデュオアーベントを開催。オーケストラ・アンサンブル金沢の主席チェリスト ルドヴィート・カンタ氏を加えたピアノトリオのライブ録音、ショパン:ピアノソナタ第3番を含むCD『音想』をリリースするなど、ソロや室内楽の分野で活躍。また、各地でピアノ指導者講座講師やピアノコンクール審査員を務める。現在、くらしき作陽大学音楽学部長、同大学院音楽研究科長、教授。

田村 晃子

Tamura Akiko

兵庫県出身、武蔵野音楽大学卒、(一社)豊岡教育音楽学院理事長。(一社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員、同協会審査員及びアドバイザー、指導者賞受賞、ピティナこうのとり豊岡ステーション代表。指導面において、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会、ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会、バッハコンクール全国1位(バッハ賞)など数々のコンクールで受賞に導き地域の子供たちに新たな可能性を与える。2010年には地域の音楽教育・文化の向上を目的とし(一社)豊岡教育音楽学院を設立、上達だけでなく人の育成を重視したピアノメソッドの構築に取り組む。

田中 真貴子

Tanaka Makiko

島根大学教育学部特音課程声楽専攻卒。ピアノを江田和子、西本史絵、蔵留都子、若月昌代、アグネス・コウの各氏に、声楽を故三原重行氏に師事。小学校教員を経て、音楽を通した心育てを基本理念とし田中真貴子音楽教室を主宰。門下生が各種コンクールにおいて全国大会に出場する一方、自身は現在グラントワ弦楽合奏団のメンバーとして1st Vn.を担当し、ピアノのみならず幅広い音楽の研鑽を積んでいる。全日本ピアノ指導者協会会員。

田中 みゆき

Tanaka Miyuki

国立音楽大学卒業。ピアノを山城信子氏に師事。アンサンブルやリトミックを取り入れた幅広い音楽の楽しみ方を指導している。スクールコンサート、合唱指導、伴奏など地域の音楽活動の発展に貢献している。東北青少年音楽コンクール最優秀指導者賞、ピティナ指導者賞受賞。Rainbow Muse Hirosaki代表。コール・JOYFUL主宰。音楽ネットワーク弘前副代表。全日本ピアノ指導者協会正会員。弘前支部支部長。

轟木 裕子

Todoroki Yuko

大阪音楽大学卒業。同大学大学院修了。数回のソロリサイタル開催、オーケストラとの共演の他、海外の演奏家との共演、デュオリサイタル、室内楽、サロンコンサート、チャリティコンサートなど多くのコンサートに出演。モーツァルテウム音楽院、ニース音楽院国際セミナーにて研鑽を重ねた。2004年、2013年度日本クラシック音楽コンクール指導者賞、2014年度ヨーロッパ国際ピアノコンクール優秀指導者賞受賞。県立西宮高等学校音楽科非常勤講師。とどろきピアノ教室代表。

ピアノ教室HP

東郷 まどか

Togo Madoka

東京藝術大学を卒業後、ハンガリー政府給費留学生としてブダペストのリスト音楽院に留学(1983-1985)。その後ミュンヘン音楽大学にて学び1991年マイスターディプロムを得て修了。山口優、伊達純、イムレ・ローマン、クラウス・シルデの各氏らに師事。1980、81年、第49回、50回日本音楽コンクール入選。リサイタル等ソロの他、室内楽や伴奏の活動をしている。昭和音楽大学講師。

戸塚 勢津子

Totsuka Setsuko

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。ピアノを金原美津子、安倍紀子、故中島和彦、各氏に師事。室内楽を岩崎淑氏に師事。第5回新人音楽コンクール(朝日新聞・飯塚文化連合会主催)ピアノ部門第2位。伴奏やデュオなどで多数の演奏会、コンクールに出演。現在、浜松学芸高校芸術科非常勤講師。

鶴見 彩

Tsurumi Aya

東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修士課程修了。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてドイツ・カールスルーエ音楽大学大学院に留学、国家演奏家試験課程を最優秀で修了。PTNAピアノコンペティション特級銀賞、第65回日本音楽コンクールピアノ部門第2位、E.ポッリーノ国際ピアノコンクール第3位。内外のオーケストラと共演の他、ソロリサイタルや室内楽で各地にて演奏活動を行っている。現在愛知県立芸術大学、桐朋学園大学院大学非常勤講師。

上原 薫

Uehara Kaoru

ヤマハミュージック横浜ピアノ科講師を経て、現在、沖縄県うるま市内にて後進の指導に力を注いでいる。PTNAステップアドバイザー、コンクール審査員を務める。PTNA指導者賞、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA指導者賞 受賞。ピアノを百名加奈江、森島英子、川染雅嗣、田中瑤子の各氏に、ピアノアンサンブル及び伴奏法を平島誠也氏に師事。PTNA正会員、瑤の会、百の会、会員。

植木 由利子

Ueki Yuriko

1974~75年旧西ドイツに在住。帰国後、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学音楽学部を卒業。リサイタルをはじめ多くの演奏会に出演。その後1988~90年イギリスに在住、ロンドンほか各地で演奏活動を行う。帰国後、各地でのリサイタルをはじめ、日本ショパン協会東北支部発足10周年記念特別演奏会、モーツァルト・ピアノ協奏曲全曲演奏会で仙台フィルハーモニー管弦楽団とたびたび協演する。宮城学院女子大学音楽科、常盤木学園高等学校音楽科において後進の指導にあたっている。日本ショパン協会正会員、宮城県芸術協会会員。

若尾 佳代

Wakao Kayo

桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」 、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科 ピアノ科卒業。6年にわたるフランス留学中、パリ国立音楽院第3課程、エコールノルマル音楽院コンサーティストコースにて研鑽を積む。高等演奏資格を取得。これまでに、林秀光、ブルーノ・リグット、イリーナ・ザリツカヤの各氏に師事。アリシア・デ・ラローチャのレッスンも受ける。第4回ABC新人コンサートオーディション入選。現在、桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」講師、全日本指導者協会2010年度特別指導者賞受賞。

ピアノ教室HP

渡辺 恭子

Watanabe Yasuko

作陽音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻(現くらしき作陽大学)卒業。全日本ピアノ指導者協会正会員。ピティナ岡山支部副支部長。倉敷かわせみステーション代表。ピティナ指導者賞8回。ピティナピアノコンペティション審査員。ピティナピアノステップアドバイザー。日本クラシック音楽コンクール審査員。ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 指導者賞受賞。渡辺ピアノ教室主宰。

山辺 絵理

Yamabe Eri

14歳で東京にてデビューソロリサイタルを開催。国際コンクールの受賞歴も多数。東京音楽大学と英国王立音楽大学大学院を首席で卒業。2001年英国王立音楽大学留学を機にロンドンを拠点に世界14カ国でソロ演奏会及び協奏曲の演奏会に出演。海外のオーケストラとも多数共演。2011年より拠点を日本に移し国内外での演奏活動の傍ら後進の指導にも力を注ぐ。全日本ピアノ指導者協会演奏会員。日本演奏連盟会員。東京音楽大学講師。

山角 倫代

Yamazumi Michiyo

桐朋学園大学ピアノ科卒業後、欧州各地の楽器博物館で演奏を行いながら鍵盤楽器と作曲の変遷および音楽解釈・古楽を研究。帰国後は国内外の室内楽団との共演やソロ活動を鍵盤楽器全般を用いて行う。リリースしたCDは各誌で好評を博し『レコード芸術』準特選盤に選ばれる。後進の指導にも携わり最優秀指導者賞を受賞。各コンクールの審査員を務める。グランミューズ音楽教室主宰。国家資格キャリアコンサルタント。株式会社文献社東京取締役。

安本 久仁子

Yasumoto Kuniko

作陽短期大学音楽部(現くらしき作陽短期大学)卒。ピティナコンペティション審査員。ステップアドバイザー。PTCピアノコンクール、ベーテンコンクール、バッハコンクール各審査員。ピティナ指導者賞17回、ショパン国際コンクール in ASIA 指導者賞2回受賞元くらしき作陽大学子ども教育学部非常勤講師。安本ピアノ教室主宰。全日本ピアノ指導者協会正会員。

矢﨑 恵子

Yazaki Keiko

東京音楽大学卒業、パリ・エコールノルマル音楽院卒業。遠藤道子、田村 宏、三木香代、竹尾聆子、シャンタル・ド・ビッシーの各氏に師事。日本演奏連盟の新人オーディションに合格し、オーケストラと協演他多数のコンサートに出演。指導面でも2011年よりピティナ指導者賞4年連続受賞等様々なコンクールで実績をあげている。全日本ピアノ指導者協会正会員。

横山 朋子

Yokoyama Tomoko

宇都宮短期大学音楽科卒業。同研究科修了。皆川暁子、田淵進氏に師事。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、正会員。ピティナピアノコンペティション審査員、ステップアドバイザー。ピティナ指導者賞を連続17回受賞。2010年には特別指導者賞

寄島 清美

Yorishima Kiyomi

石川県金沢市出身。東京都在住。ヤマハ音楽振興会にて、長年、音楽教育、ピアノ指導に携わる。ロシアンスクールにおいて、S.ドレンスキーに師事。J.バーンズ日本初演作品にピアニストとして参加。全日本ピアノ指導者協会会員。ピティナ指導者賞受賞。

吉田 馨

Yoshida Kaori

桐朋女子高等学校音楽科ピアノ科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科を卒業。卒業後神奈川県主催による、新人演奏会に出演する。また、東京フィルハーモニーオーケストラとのコンチェルトも共演する。その後、イタリアミラノに留学。ミラノ、ジュゼッペヴェルディ国立音楽学院の学位免状取得。笠原みどり、有賀和子、アンドレぺロッタに師事。現在桐朋学園大学音楽学部付属、鎌倉・横浜音楽教室のピアノ科講師をつとめるほか、吉田ピアノ教室を主宰したくさんの子供たちの指導にあたっている。

吉田 佳代

Yoshida Kayo

2001年武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。ショパン国際ピアノコンクールinアジア地区大会・全国大会審査員。日本クラシック音楽コンクール予選・本選審査員。ピティナ正会員。福岡春日ステーション代表。指導においては、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA第18・19回1-2年部門アジア大会金賞、銅賞。3-4年部門銅賞。第19・21回コンチェルトI部門(コンチェルト賞)AA部門金賞。ピティナ・ピアノコンペティションB級金賞。特別指導者賞授賞。A1級銅賞。福岡にて吉田ピアノ教室を主催。

ピアノ教室HP

吉田 裕子

Yoshida Yuko

第14回ショパン国際ピアノコンクール出場。これまでに、プラハ・チェンバーオーケストラやアンサンブル・ウィーンなどと共演。2006年には、チェコのドヴォルザーク・ホールで、チェコ室内楽協会による定期公演でチェコ・フィルハーモニー六重奏団と共演。2007年には、ザルツブルクのミラベル宮殿でのコンサートに出演。東京音楽大学卒業。これまでに、吉田見知子、小林仁、草川宣雄の各氏に師事。

ピアノ教室HP

吉武 雅子

Yoshitake Masako

東京藝術大学附属高校を経て、東京藝術大学卒業。2004年プラハ室内管弦楽団の東京公演に独奏者として起用され、絶賛を博す。2011年以降は毎年イタリアに招聘されリサイタルを開催、地元紙には最大級の賛辞が掲載される。CD「シャコンヌ」(キングレコード)は全日空国際線機内オーディオCLASSICチャンネル内で展開され、「レコード芸術」誌においては特選盤に選出された。現在、洗足学園音楽大学教授、また2015年より2020年まで大学院長として重責を果たす。

四元 孝子

Yotsumoto Takako

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。東郷和子・鈴木洋各氏に師事。これまで19回のリサイタル、香港フィル、九響、鹿響と共演。平成19、24、27、29年にはワルシャワフィルトップメンバーと共演。昭和60年第9回鹿児島市春の新人賞受賞、平成6年、鹿児島県芸術文化奨励賞受賞。現在、鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科非常勤講師、東郷音楽学院講師、(公財)日本ピアノ教育連盟・日本演奏連盟会員、新芸術家協会会長。

財満 和音

Zaima Kazune

東京藝術大学音楽附属音楽高等学校、同大学、修士課程を経て1992年に渡欧。ドイツ・ドレスデン国立音楽大学大学院入学。1995年よりザクセン州より奨学金を得てさらにマイスタークラスにて助手を兼ねながら各地でコンサートを開く。帰国後は演奏活動の他、コンクール審査、課題曲説明など各地で活動。これまでに、助川陽子、中山靖子、杉本安子、渡辺健二、クラウス・シルデ、ギュンター・フィリップの各氏に師事。現在、大宮光陵高等学校音楽科、洗足学園音楽大学にて後進の指導にあたる。